「怒られる」の改善方法 ~怒られたくない人必見!~

「怒られる」の改善方法 ~怒られたくない人必見!~日常生活
この記事は約3分で読めます。

「また怒られた。。本当に嫌になっちゃうな。。。」と悩んでいる方も多いですよね。

多くの人は、仕事をしている時に、職場の上司や先輩に怒られた経験があるのではないでしょうか。

本記事では、怒られる原因と、「怒られる」の改善方法について、ご紹介します。

~本記事をおすすめの方~

  • 怒られることが多くて悩んでいる方
  • 怒られる人を怒られないようにする方法を知りたい方 など
スポンサーリンク

はじめに

そもそも「怒る」ということについて、もっと詳しく知りたい方は、下記の記事にて説明がありますので、ぜひご覧になってみてください。

参考に「怒る原因」「怒る目的」について下記します。

怒る原因

⇒何かを許せないから

怒る目的

⇒自分の中の怒る原因となっている許せないものを、自分が許せる状態に変化させること

怒られる原因

怒る原因は「何かを許せないから」であることから、怒られる原因というのは「相手が許せない何かがあるから」になります。

仕事でいえば、上司の求めている成果を出せなかったことで、「部下の失敗は上司の責任」という一般的な会社の基本ルールに則って考えると、上司が責任を負う必要が出てくるため、当然ながら上司は苛立ちが生まれ、怒りの感情が芽生えてくるのです。

もちろん、上司が許せない自分の行動や成果だったから、怒られてしまうのであり、もし上司がそれを許せたとしたら、怒られずに済むことも多々あります。

★怒られる原因

相手が許せない何かがあるから

「怒られる」の改善方法 

そもそも、怒られるというのは、縁があるから怒られるのであり、全くの他人で縁のない人に怒られることはありません。

そして、相手と自分の間には、必ずお互いの求めるものがあります。

だからこそ、先ほどの「怒られる原因」を踏まえて導き出される、「怒られる」の改善方法とは、「相手が求めるものを提供していくこと」となります。

ただ、相手の求めるものが、よくわからない方も多いと思いますので、生きてて一番怒られるシチュエーションだと思われる「職場の上司や先輩」を例に説明します。

「職場の上司や先輩」が求めるものとは

職場の上司や先輩が、部下(自分)に求めるものというのは、「与えた仕事を期限までに完了させること」です。

さらに、人によっては、仕事を行う上で必要なビジネスマンとしての基本動作やマナー、知識習得・技術向上の姿勢等についても、求める場合が多いので、注意が必要です。

特に仕事で怒られてばかりの方は、上司とコミュニケーションを密にとり、上司が求めている成果物の出来ばえを確認した上で、期限内に承認を得られるようにしていくことで、怒られる頻度は減っていくと思います。

上記の例のように、関わる相手の求めるものを理解できれば、怒られることは少なくなっていくのです。

★「怒られる」の改善方法

相手が求めるものを提供していくこと

最後にひと言

「怒られる」の改善方法は、一見簡単そうで、実は簡単なことではありませんので、当たり前のようにできるようになるには、ある程度の時間が必要になります。

時間はかかりますが、怒られない自分になるためにも、少しずつでも良いと思いますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

~本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。~

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました