夢を諦めたくない人に伝えたいこと ~夢を諦める必要はないって話~

この記事は約5分で読めます。

夢を諦めたくない! だけど、諦めた方がいいのかな……」

夢が叶わない状態が長く続いたり、家族や友人などが夢を追うのを反対していたりすると、徐々に不安になって精神的に辛くなってしまいますよね。

実際、不安になってしまう原因は様々なものがあると思います。

本記事では、夢を諦めたくない人に伝えたいこととして、諦めたくない夢があるってすごいこと』『夢を諦める必要はない』『親しい人の反対意見を理由に夢を諦めない方がいい』『「夢を諦めたくない!」が夢というより意地でしかないこともある』について記載しています。

スポンサーリンク

諦めたくない夢があるってすごいこと

そもそも、諦めたくない夢があるというのはすごいことなのです。

実は、世の中には「自分には夢がない……」と悩んでいる方が大勢います。

諦めたくないと思えるほどの夢を持っているのであれば、それは夢がないと悩んでいる方々にとっては、ものすごく羨ましいことなのです。

誰でも夢を持っているわけではありません。

だからこそ、『夢がある』だけでなく、『諦めたくないと思える夢がある』というのは、とてもすごいことなのです。

※ちなみに、夢を持つことについてまとめた記事がありますので、興味があれば是非ご覧ください。

スポンサーリンク

夢を諦める必要はない

夢を諦める必要はないと思います。

なぜなら、本心で欲しいと思うことを諦める理由がないからです。

例えば、「ラーメン・焼肉・パスタ・寿司が食べたいなー。でも、一食で食べるには多すぎるから、一番食べたいラーメンを食べることにして、他のものは一生食べることを諦めよう……」なんてことにはなりませんよね。

きっと、「じゃあ、明日は焼肉かな! その次は……」と、自分の欲しいものを得ていこうとするのではないでしょうか。

夢も同じなので、今目指していた夢よりも先に目指したいと思える夢ができた時に、もしも追いかける順番は変わったとしても、それまで目指していた夢を諦める必要はないのです。

ただ、一度の人生の中で追いかけられる夢の数は、それほど多くはないかもしれません。

だからこそ、『夢を叶えたい思いの強さ』『夢を叶えるまでに必要な期間』『複数の夢を同時に追うのか追わないのか、追うとしたらどうするか』を考え、自分が一番納得できる答えを見つけることが大切なのです。

親しい人の反対意見を理由に夢を諦めない方がいい

もし、家族や友人が夢を反対したことが理由で、その夢を諦めてしまった場合、自分が本当にやりたいことだったならば、きっとモヤモヤした気持ちは残り続けてしまうでしょう。

もちろん親しい人の言葉に耳を傾けるのも大切なことですが、自分の気持ちに素直になることの方が、後々の後悔に繋がりにくいのかと思います。

正直、私は家族の言葉を聞き入れすぎて、夢なんて追うのは現実的じゃないと思い込もうとしていました。

ですが、何年も経った時に振り返ってみると、「夢の為にやれたことなんていくらでもあったのに、何もしないでそれなりに暮らしていただけ……。もったいないことをしたな……」と他人のせいにもできずに、後悔だけが残ってしまいました。

だからこそ、親しい人の意見に流され過ぎずに、自分の気持ちに素直になることが大切であり、親しい人の反対意見を理由に夢を諦めない方がいいのです。

「夢を諦めたくない!」が夢というより意地でしかないこともある

もし、自分の夢が『過去に夢みて意地になっているだけ』の場合、改めて冷静に考えてみると、今は夢というより意地で有言実行したいだけになっているのかもしれません。

一度決めたことを貫く精神は、大きな成果を得るために重要な要素ですが、人は少しずつ様々な変化をしていく生き物であり、考え方も変わっていきますので、過去に感動したものですら魅力を感じなくなることだってあります。

例えば、小さい頃にピアニストを夢見た人が、成長と共にピアニストになりたいという思いが無くなっていくことだってあります。

それなのに、「これまでずっと頑張ってきたから、諦めずにピアニストを目指さなきゃ!」という意地で頑張り続けてしまうこともあるので、それも人生と言えば人生なのですが、やはり、本心でなりたいと思えていないのなら、正直もったいない気もしますよね。

ですので、「一度決めたことだから!」「一度夢見たものだから!」と固くなり過ぎずに、一度落ち着いて「意地になっているだけではないか?」と考えてみることも重要なのです。

最後に一言「夢を諦めたくない気持ちがあるなら諦めないで欲しい!」

時には、夢を諦めたくないのに、家族の反対意見や挫折感等の何かしらの障害があって、諦めた方が良いのかと悩んでしまうことだってありますよね。

結局、本記事で私が伝えたいことは『夢を諦めたくない気持ちがあるなら、諦めないで欲しい!』ということです。

だって、本心でやりたいと思えることを諦めようとしても、結局、完全に諦められずに胸の中に残り続けて、思い出すたびに虚しくなるだけですし、先ほども述べました通り、そもそも、やりたいことなら諦める必要はどこにもないと思うからです。

もし、新しい何かを追い求めたいなら、そっちを追い求めればいいと思います。

ただ、今やることが変わっただけ。

その新しい何かを手に入れた先に、元々の夢を追いかける未来をつくってもいいのです。

それに、夢を諦めるのは簡単にできることではありませんし、必ずできることでもありません。

正直、貴重な人生を『夢を諦める時間に使う』というのは、もったいないことかと思います。

だからこそ、夢を諦めるか諦めないかを考え過ぎずに、素直に夢みたものを自分が納得いく順番に追い求めていけば、後悔の少ない人生になっていくのかと思いますので、ぜひ大切な夢を諦めずに追い求めていって欲しいです。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

『addninth blog』では、他にも様々な記事を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました