天才と凡人の違いとは ~凡人が天才になる方法~

人生
この記事は約8分で読めます。

「この人、天才だな。。。」「やっぱり自分は凡人なのだろうか?」

そして「そもそも、天才と凡人の違いって何だろう?」「やっぱり天才になりたい。」と悩んでしまうことってありますよね。

今回は、私が考える”天才と凡人の違い”と、”凡人が天才になる方法”について、ご紹介していきます。

ちなみに、そもそも世の中で天才と呼ばれる方々が、天才になりたいと思っていたかは、定かではありませんので、あくまで凡人が狙って”天才”と呼ばれる人になるための方法、という認識を持っていただき、本記事をお読みになってください。

~本記事をおすすめの方~

  • 天才と凡人の違いを知りたい方
  • 天才になりたい方 など
スポンサーリンク

天才と凡人の違い

天才とは何か、天才の条件とは何か、そして、天才と凡人の違いとは何かについて、説明していきます。

天才とは

”天才”とは、一般的に「天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(その才能を持つ人物)」という意味になるのですが、実際には何歳になって”天才”と呼ばれるようになるかはわかりませんし、一生呼ばれ続けるかどうかもわかりません。

結局、驚くほど優れていたら、”生まれつき備わった”や、”天性の”という風に思ってしまうので、大事なことは、”人が驚くほどの優れた才能を持っていること”だと思います。

だからこそ、私は「驚くほど優れた才能を発揮している人」が天才なのだと考えています。

★天才とは

一般的:天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(その才能を持つ人物)

筆者:驚くほど優れた才能を発揮している人

天才の条件とは

天才の条件を考える際に、そもそも”天才を明確に判断する基準”がありませんので、客観的に見て”天才”だと思えるかどうかが重要になってきます。

”客観的に見て”ということは、誰が自分を見て”天才”だと判断するかが、大事になるということです。

自分を見て天才だと判断する人
  1. 自分
  2. 他人

この2種類の人物が、「自分を見て”天才”だと判断する人」になりますので、天才になりたいのであれば、”自分”や”他人”に天才だと判断してもらう必要があるのです。

自分を見て天才だと判断する人は、【自分】【他人】【自分と他人】の3つのパターンがあり、どのパターンでも天才と判断する人がいれば、自分は”天才”になるのだと思います。

例えば、【自分】が自分を天才だと認めた場合でも、それを”他人”が天才じゃないと否定したところで、その人は自分のことを天才だと思っているので、たとえ多くの人から”天才”と言われなかったとしても、これもひとつの天才の形であることに変わりはないのです。

そもそも天才と言われている人も、全ての人に天才だと思われているわけではありませんから、天才が明確に基準が無く、客観的に判断するものであるからこそ、天才と認める人の人数は関係ないのです。

とはいっても、おそらく天才になりたい人は、他人から認められたい人が多いのではないでしょうか。

もしもそれならば、【自分と他人】が天才だと認めるパターンを目指すのが、理想になるのだと思います。

天才の条件とは、「(明確な基準が無いので)”自分”や”他人”から客観的に”天才”だと認められること」となります。

★天才の条件とは

(明確な基準が無いので)”自分”や”他人”から客観的に”天才”だと認められること

天才と凡人の違いとは

上記までの内容から、天才と凡人の違いをまとめます。

天才

”自分”や”他人”から客観的に”天才(驚くほど優れた才能を発揮している人)”だと認められている人のこと

凡人

”自分”や”他人”から客観的に”天才(驚くほど優れた才能を発揮している人)”だと認められていない人のこと

このように、どういった発明や技術等を持てば”天才”になるのかが明確ではないので、極論ですが客観的に認められるかどうかが、天才と凡人の分かれ目になるのです。

★天才と凡人の違いとは

”自分”や”他人”から客観的に”天才(驚くほど優れた才能を発揮している人)”だと認められている人が天才、認められていない人が凡人

天才になる方法

これまでの内容から、天才には「”自分”や”他人”から客観的に”天才”だと認められること」の条件で、なることができますので、まずは、自分を天才だと判断する人が【自分】【他人】【自分と他人】のうち、どれを目指すかを決定してから、その為の行動をとっていきましょう。

説明をしていく上で、理解しやすくするために、説明の順番を【他人】【自分】【自分と他人】とさせていただきます。

「他人が認めた”天才”」になる方法

他人が自分のことを”天才”だと認めてくれたら、天才になることができます。

そのためには、他人の立場になって「自分が、どういうことをしたら、どういうことができたら、”天才”だと思うか」ということを考えてみてください。

極端な例を挙げますと、「自分が、どんな病気でも治せる薬を開発した!」としたら、多くの人が自分のことを天才だと思いますよね。

だからこそ、他人が認めた「天才」になるためには、他人の気持ちになって”どんなことをしたら天才と認めてくれるか”を考え、”狙って”認めてもらえるだけのことをやる必要があるのです。

ただ、”他人”については、”全世界の人々”を想定しているか、それとも”同じ社内の人”を想定しているかで、認めてもらえるだけのことの内容も変わってくるため、自分を”天才”と思ってほしい人達の範囲を明確にしなければなりません。

なお、必ずしも他人が”天才”と認めてくれるかどうかは確実ではないので、それでも諦めずに続ける、もしくは、改めて”認めてもらえるだけのこと”を検討し直す必要があります。

★「他人が認めた”天才”」になる方法

他人の立場になって、どんなことをしたら天才と認めてくれるかを考え、”狙って”認めてもらえるだけのことをやること

「自分が認めた”天才”」になる方法

自分で自分のことを”天才”だと認められれば、”天才”になることができるのですが、自分が天才だと思えない方がほとんどだと思います。

自分が”天才”だと思えない時には、先ほどの項目で説明の「他人が”天才”だと認めてもらえるだけのことをやる」を行い、実績や経験を積んでいくことで、自分が”天才”だと思えるようになります。

しかし、自分が”天才”だと思えるだけの実績や経験を積んでいても、なかなか自分を過小評価してしまいがちな人は、自分を天才だと認めるのが難しいですよね。

他人に対しては「あなたは優秀だ!」と正当な評価ができるのに、自分に対しては「こんなのでいいのかな。」といった具合に、正当な評価ができない”自己承認下手”の人が、世の中には多く存在しています。

そうやって自己承認が上手くできないのであれば、正当な評価をしてもらえない自分が一番可哀そうだと思います。

だからこそ、他人に対して評価をする時と同じように、しっかりと自分を客観視して評価し、自分が”天才”だと思えるのであれば、自信を持って自分が”天才”だと認めることも、自分自身を大切にするために大事なことだと思います。

★「自分が認めた”天才”」になる方法

自分が”天才”だと思えない時には、他人が”天才”だと認めてもらえるだけのことをやり、実績や経験を積んでいくとよい

他人に対して評価をする時と同じように、しっかりと自分を客観視して評価し、自分で自分のことを”天才”だと認めること

「自分も他人も認めた”天才”」になる方法

上記の「自分が認めた”天才”」になる方法と、「他人が認めた”天才”」になる方法を行うことで、自分も他人も認めた”天才”になることができます。

自分も他人も認めた”天才”こそが、多くの方が求める”天才”の理想像なのではないでしょうか。

★「自分も他人も認めた”天才”」になる方法

「自分が認めた”天才”」になる方法と、「他人が認めた”天才”」になる方法を行うこと

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★天才とは

一般的:天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(その才能を持つ人物)

筆者:驚くほど優れた才能を発揮している人

★天才の条件とは

(明確な基準が無いので)”自分”や”他人”から客観的に”天才”だと認められること

★天才と凡人の違いとは

”自分”や”他人”から客観的に”天才(驚くほど優れた才能を発揮している人)”だと認められている人が天才、認められていない人が凡人

★「他人が認めた”天才”」になる方法

他人の立場になって、どんなことをしたら天才と認めてくれるかを考え、”狙って”認めてもらえるだけのことをやること

★「自分が認めた”天才”」になる方法

自分が”天才”だと思えない時には、他人が”天才”だと認めてもらえるだけのことをやり、実績や経験を積んでいくとよい

他人に対して評価をする時と同じように、しっかりと自分を客観視して評価し、自分で自分のことを”天才”だと認めること

★「自分も他人も認めた”天才”」になる方法

「自分が認めた”天才”」になる方法と、「他人が認めた”天才”」になる方法を行うこと

私が考える”天才と凡人の違い”や、”天才になる方法”について、ご紹介してきました。

もしかしたら、本当は”天才になりたい”のではなくて、”多くの人から認められたい”ということが、願望なのかもしれませんので、しっかり自分と対話して本音を理解することが、とても大事なことだと思います。

自分の憧れが”天才”であれば、目指すためにしっかり計画を練ることも重要です。

本文ではシンプルに記載されている内容ですが、実際にやってみると、とても険しい道のりだと思います。

それでも、本当に人生でなりたいものであれば、諦めずに思いっきり進んでいってみてください。

~本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。~

人生
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました