「人を馬鹿(バカ)にしてしまう人」原因・改善方法

この記事は約5分で読めます。

「バカにしたくないのに、人をバカにしてしまう。。」とお悩みの方も多いですよね。

いつの間にか、人をバカにしていたことというのは、誰にでもあることなのかと思いますが、頻繁に起きているのであれば、大きなトラブルに繋がりかねないので、対策が必要です。

本記事では、「バカにしてしまう人」の原因と改善方法について、ご紹介しています。

~本記事をおすすめの方~

  • バカにしたくないのに、バカにしてしまう方
  • バカにしないようになりたい方 など
スポンサーリンク

「バカにしてしまう人」原因

人をバカにしてしまうのはなぜか。

そもそも、人をバカにして何が得られるのか、そこにメリットがあるからこそ、人をバカにしてしまうのではないでしょうか。

人をバカにするメリットとは、下記のようなものがあります。

人をバカにすることのメリット
  • 相手を適度なバカ扱いにして、お互いや周りの人を和ませ笑わせることができる
  • 自分の意見を力ずくで押し通すことができる
  • 自分よりも弱い立場の人をつくることができ、優越感を得られる
  • 自分よりも弱い立場の人をバカにして、ストレス発散できる

そして、人をバカにする人の心理とは、「自分の納得する結果を得るために、他人をねじ伏せて気持ち良くなりたい」です。

※バカにする人について、詳しく内容を知りたい方は、下記の記事より引用していますので、ご覧になってみてください。

だからこそ、「バカにする人」と「バカにしてしまう人」が、根本的には同じだと考えられるので、バカにしてしまう原因とは、バカにする人の心理と同じで「自分の納得する結果を得るために、他人をねじ伏せて気持ち良くなりたい」ということになります。

スポンサーリンク

「バカにしてしまう人」改善方法

バカにしてしまう人の改善方法を考える上で、ゴールが「人をバカにしないようになること」であれば、「人をバカにしないように”自分ルール”を設ける」が改善方法になります。

ですが、おそらく「場を盛り上げるために、冗談で人をバカにすることは、楽しい人間関係にも繋がるので、続けていきたい!」と考えている方が多いかと思います。

そこで、本記事で設定するゴールは「人をバカにしても傷つけないようにすること」とします。

そして、「バカにしてしまう人」の改善方法は、「①場を盛り上げるために人をバカにするなら、必ず傷つけないように徹底する」「②カッとなってバカにしないように自分ルールを設ける」「③カッとなってバカにした時は、できるだけ早く謝る」をご紹介します。

場を盛り上げるために人をバカにするなら、必ず傷つけないように徹底する

場を盛り上げるために、お笑い的な要素として、冗談でバカにすることは、良好な人間関係を築くことにも繋がってきます

かといって、バカにした相手や発言を聞いている周りの人を傷つけてはいけませんので、その人達が傷つかない内容に限り、発言しても良いでしょう。

ただし、発言の責任は自分にあるので、結果的にバカにした相手が傷ついたり、発言を聞いていた人が傷ついたりした場合には、必ずケアをしなければなりません。

もしも、ケアを怠った場合には、”自分は人を傷つける発言をする人”ということで、バカにした相手や周りの人に警戒されて、挙句の果てには、多くの人に嫌われてしまうことにもなりかねません。

発言のリスクを考えて、行動することが大切なのです。

カッとなってバカにしないように”自分ルール”を設ける

カッとなってしまうと、思い通りにならない歯がゆさで、相手をバカにしてまで、自分の意見を通したり、単純に気持ちをスッキリさせてしまうことがあります。

そういった場合には、カッとなった時に人をバカにしないための制御装置の役割である、”自分ルール”を設ける必要があります。

自分ルールの内容は、おまかせしますが、例として下記のようなものをご紹介します。

カッとなった時に人をバカにしないための自分ルール 例
  • カッとなったら、それ以上考えずにトイレに行く
  • カッとなったら、好きな飲み物を買いに行く
  • カッとなったら、お風呂に入る

”カッとなる”という条件で、ひとまずその場を離れることや、頭を別のことに強制的に切り替えることをして、一度冷静になることが効果的なルールとなります。

カッとなってバカにしてしまった時は、できるだけ早く謝る

もしも、カッとなってバカにしてしまった時は、できるだけ早く相手に謝りましょう

そのままにしてしまうと、相手に嫌われたり、悪い噂が広がっていく可能性が高いので、早めの行動が大切です。

誰だってカッとなってバカにしてしまうことはありますので、真剣にしっかり謝ることができれば、許してもらえることも多いと思います。

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「バカにしてしまう人」原因

自分の納得する結果を得るために、他人をねじ伏せて気持ち良くなりたい

★「バカにしてしまう人」改善方法

  • 場を盛り上げるために人をバカにするなら、必ず傷つけないように徹底する
  • カッとなってバカにしないように”自分ルール”を設ける
  • カッとなってバカにしてしまった時は、できるだけ早く謝る

本当に、勢いでバカにしてしまうというのは、とても歯がゆいことですよね。

改善を進めていく上で、失敗してしまうこともあると思いますが、本気で変わりたいことであるならば、ぜひ諦めないで取り組んでみてください。

そうやって、自分が変わることで得られるものというのは、自分にとってすごく大きなものだと思います。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました