「バカにする人」メリット・心理・対処法

「バカにする人」メリット・心理・対処法日常生活
この記事は約6分で読めます。

「バカにする人」というのは、度合いは違えど必ずいますよね。

基本的に、バカにされるのは、気持ちのいいことではありませんし、本当にムカつくことを言われたら、後から「冗談だよ!」と言われたところで、許せない気持ちでいっぱいなのでどうしようもありません。

本記事では、「バカにする人」のメリット・心理・対処法について、ご紹介しています。

~本記事をおすすめの方~

  • バカにする人のメリット・心理・対処法が知りたい方
スポンサーリンク

「バカにする人」メリット・心理

バカにする人のメリットと心理を理解することで、なぜそういう行動をとっているのかがわかり、適切な対処ができるようになります。

バカにすることのメリット

バカにする人の心理を考える前に、バカにすることのメリットを理解することが必要です。

人をバカにすることのメリットとは、下記のようなものがあります。

人をバカにすることのメリット
  • 相手を適度なバカ扱いにして、お互いや周りの人を和ませ笑わせることができる
  • 自分の意見を力ずくで押し通すことができる
  • 自分よりも弱い立場の人をつくることができ、優越感を得られる
  • 自分よりも弱い立場の人をバカにして、ストレス発散できる

バカにする人の心理とは

上記のようなメリットがあり、お笑い的な要素もありますが、それ以外は思いやりのない自己中心的な要素ばかりですので、やはりバカにするのは、基本的に自分のためだということがわかります。

それに、お笑い的な要素に関しても、そもそも、バカにする以外で場を和ませ笑わせるやり方もありますし、もしも他人をバカにして、場を和ませられなかった場合には、ただの暴言になってしまうため、思いやりのない自己中心的な行動となってしまいます。

また、場を和ませられたとしても、バカにされた人によっては、実は嬉しさの反面、ムカついて腹が立っていることもよくあることなので、結局人を傷つけていることも多いのです。

バカにする人の心理とは、「自分の納得する結果を得るために、他人をねじ伏せて気持ち良くなりたい」ということになります。

バカにする人の対処法とは

バカにする人の対処法は、「場を和ませようとしている場合」「単純に自分を傷つけようとしている場合」で異なります。

この判断も簡単なことではないのですが、人とのコミュニケーションをとるうえで必要な能力ですので、身につけていくことが大切です。

場を和ませようとしている場合

場を和ませ笑わせたい時にも、適度に人をバカにすることがありますので、そういった場合には「この人は本心で言ってるわけではない。」と理解して、対応することが重要です。

お笑い的なリアクションをする

お笑い的なリアクションをして、場を盛り上げていくことで、バカにした人も喜んでくれますし、周りも楽しい気持ちになります。

ただ、大きく滑ってしまうと、とても傷つく可能性もあるので、リアクション選びがとても重要になってきます。

※場を和ませようとしているのはわかるが、自分が許容できない時は

場を和ませようとしているのはわかるのですが、明らかに言い方がきつ過ぎたり、バカにされたくないことを言われたりすると、さすがに許せなくなりますよね。

そういった時は、軽くリアクションしてあげる、もしくは聞こえなかったフリをして、その場を終わらせてから、こっそり後で不満を伝えることがいいでしょう。

バカにする人自身は、実は人を傷つけている認識が無い場合がありますので、「あなたの発言で自分が傷ついた」と伝えることで、改心することもよくあることです。

もし、不満を伝えた方が面倒くさそうな相手であれば、誰かに自分の不満を聞いてもらうことで、スッキリしましょう。

やはり、すぐに怒ってしまうと場の雰囲気が悪くなってしまい、後々面倒になりますので、我慢できるのであれば我慢する方が良いです。

周りの人も「さすがに今のは言っちゃダメだろ。。」と、助けてくれたり、慰めてくれたりする優しい方もいますし、行動に表れないけど心配してくれている方もいます。

バカにする人は、すでに周りの人からも要注意人物となっていることが多いので、皆気持ちは同じ「バカにする人とは、関わりたくない。。」と思えれば、少しは気が楽になると思います。

単純に自分を傷つけようとしている場合

基本的に自分が傷ついて良いことなんてありませんので、相手に対して強く訴えかけることや、関わり合わないようにする必要があります。

相手との関係が期間限定なら我慢する

バカにする人との関係が期間限定であり、自分が我慢できるのであれば、我慢することも大切なことです。

残念ながらどこにいっても、バカにする人はいますので、我慢することも生きていく上で大切な能力になります。

これからずっと一緒にいる相手でなければ、グッとこらえることも大事なことなのです。

自分の不満を伝える

人を傷つけようとしてやっている人でも、自分の不満を伝えることで、反省はしてくれないかもしれませんが、自分をバカにしなくなっていくことが考えられます。

それは、他の人でバカにしても文句を言わなそうな人を次のターゲットにして、行動を始めることが多いからです。

ただ、不満を伝えることで、自分に対する嫌がらせがエスカレートする可能性もありますので、もしもエスカレートするような場合は、次に紹介する「縁を切る」ことをしなければなりません。

縁を切る

簡単なことではありませんが、縁を切ることがバカにする人の対処法でもあります。

会社なら部署移動・転勤・退職、学校なら転校などの方法で、縁を切ることができます。

「そんな大げさな話なの?」と思われるかもしれませんが、本当に生きるのが辛くなるほどバカにする人だった場合には、逃げてしまうことも時には必要なことなのです。

人生が一度しかないのに、それだけ嫌な人と我慢して一緒に過ごす時間って、本当に必要なものでしょうか。

人生は、楽しく過ごすべきですので、最終手段として「縁を切る」を持っておくことも大事なことだと思います。

まとめ

本記事の重要なポイントを下記します。

★人をバカにすることのメリット

  • 相手を適度なバカ扱いにして、お互いや周りの人を和ませ笑わせることができる
  • 自分の意見を力ずくで押し通すことができる
  • 自分よりも弱い立場の人をつくることができ、優越感を得られる
  • 自分よりも弱い立場の人をバカにして、ストレス発散できる

★バカにする人の心理

自分の納得する結果を得るために、他人をねじ伏せて気持ち良くなりたい

★バカにする人の対処法

《場を和ませようとしている場合》

  • お笑い的なリアクションをする

《単純に自分を傷つけようとしている場合》

  • 相手との関係が期間限定なら我慢する
  • 自分の不満を伝える
  • 縁を切る

バカにする人は、やり方次第で人を傷つけることも、人を楽しませることもできます。

だからこそ、単純に悪者にできない存在ではありますが、”自分が傷ついて耐えられない”、”生きるのが辛すぎる”ことのないように、適切な判断を行って、行動していくことが大切です。

単純に我慢するだけが対策ではありませんので、周りの信頼できる人に相談しながら、自分が良いと思う選択をしていきましょう。

~本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。~

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました