「バカにされる人」原因・改善方法 ~バカにされたくない方へ~

「バカにされる人」原因・改善方法 ~バカにされたくない方へ~日常生活
この記事は約4分で読めます。

「なぜバカにされることが多いのか。。。」と悩む方は多いですよね。

自分をバカにする人がいること自体が原因ではありますが、世の中にはバカにする人なんて、たくさんいますので、それを恨んでも何も解決できないのです。

だからこそ、自分がバカにされないように変わっていく必要があり、本記事では、「バカにされる人」の原因と改善方法をご紹介します。

~本記事をおすすめの方~

  • バカにされることの多い方
  • バカにされないようになりたい方 など
スポンサーリンク

バカにされる人とは?原因は?

「バカにされる人」とは、「バカな人」だと思われている人です。

バカな人とは、「常識的にやらないようなことをやる人」「客観的にみて、意味のないことばかりする人」であり、バカにされる人は、はたから見ればそういう風に思われているということです。

ちなみに、バカな人については、下記の記事にて説明してありますので、ぜひご覧ください。

残念ながら、自分はバカじゃないとどれだけ言ったところで、バカの基準が明確に存在していないため、確実に否定できず、なかなか他人がバカというのを阻止することができないのです。

ですので、相手が自分のことをバカだと思ったら、それで成立してしまうものなのです。

だからこそ、バカにされる原因は、「バカな人だと思われるようなことをしているから」だと言えるのです。

「バカにされる人」の改善方法

バカにされる人を改善する方法とは、「①バカな人だと思われないようになる《バカ⇒凡人》」もしくは「②バカから天才になる《バカ⇒天才》」の2種類あります。

どちらでも好きな方法を選んで構いません。

①の方が難易度は低く、②は難易度がとても高いですが、個人的には、頑張って天才になった方が人生面白いのではと思いますので、私は②をお勧めしています。

バカな人だと思われないようになる《バカ⇒凡人》

バカから凡人になることで、バカな人だと思われないようになります。

凡人になる方法というのは、全ての行動において「可能な限り周りの人に合わせる」というルールを身につけることとなります。

「なんだ、そんなことか。自分は周りの人とそんなに変わらないから、大丈夫。」と思っている方も、自分が他人とどれだけ異なっているのか気づいていないからこそ、バカにされて悩んでいるのだと思います。

ですので、今一度、周りに合わせることを徹底することで、自分の行動や考え方を見直し、周りに対するバカというイメージを変えていきましょう。

つまり、「周りが理解できる行動をとる=バカではない」ということになるのです。

バカから天才になる《バカ⇒天才》

「バカと天才は紙一重」という言葉があるように、実はバカと天才はある一つの要素の違いを除けば、ほぼ同じ存在となります。

その要素というのは、「”自分”や”他人”から客観的に”天才”だと認められること」なのです。

そして、認められるための成果を創りだすことが、重要な分かれ道となります。

なお、天才になるための具体的な方法については、下記の記事にて詳しく説明してありますので、ご覧ください。

最後にひと言

バカにされない自分になるためには、多くの努力が必要です。

簡単には、自分を変えることができないと思いますが、バカにされることのない自分になることができたら、とても幸せな気持ちになれるはずですので、ぜひ頑張ってみてください。

また、本記事では紹介しませんでしたが、バカにされないような怖い人や威圧感のある人になる方法も一応はあります。

しかし、周りから怖がられてしまい、今までの人間関係を壊してしまう可能性もありますので、推奨しませんが、どうしてもその方法を選ぶのであれば、十分注意をして取り組んでみてください。

~本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。~

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました