「貶す(けなす)」とは ~貶す人・貶される人を理解しよう~

「貶す(けなす)」とは? ~貶す人・貶される人を理解しよう~日常生活
この記事は約5分で読めます。

「貶す」というのは、改めて考えるとどういうものなのか。

本記事では、「貶す」の読み方・意味・具体例や「貶す人」「貶される人」について記載しています。

また、併せて「貶す」の類語である「腐す」についても、ご紹介していますので、興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク

「貶す」「腐す」読み方・意味

「貶す」の読み方と意味について、さらに類語の「腐す」の読み方と意味を下記します。

一般的に「腐す」よりも「貶す」の方が使用頻度が高く、相手にも理解されやすいので、「貶す」を使用することをおすすめします。

「貶す」読み方・意味

【読み方】けなす

【意味】悪く言う

「腐す」読み方・意味

【読み方】くさす

【意味】悪く言う ⇒「貶す」と同じ意味

「貶す」をイメージしやすい具体例

貶すことというのは、悪く言うことなので、基本的に他人から好かれるものではありません。

「貶す」具体例① ~上司が部下を貶す~

※仕事を依頼した上司が、仕事を終わらせていない部下に対して、貶している例

上司「先週頼んでた、期限が昨日までの仕事は、終わってるよな?」

部下「・・・えっと、まだ終わってないです。。。」

上司「本当に使えないやつだな。

「貶す」具体例② ~部下が友人に愚痴をこぼす~

※仕事で上司に貶された部下が、友人に愚痴をこぼす例

部下「今の上司が、仕事でミスすると、すごく貶してくるんだよね。

部下の友人「それは、気分悪くなるよね。貶されるとやる気無くなっちゃうもんね。

部下「本当に嫌だなー。」

人を貶したりすると、他人から嫌われてしまいがちですが、逆に”類は友を呼ぶ”というように、人を貶すのが好きな人に好かれることがあります。

”嫌われると思っても、なかなか嫌われないもの”だということです。

ちなみに、参考記事のリンクを貼っておきますので、ぜひご覧になってみてください。

貶す人・貶される人について

世の中には、貶す人もいれば、貶される人もいます。

どちらの考え方も理解することで、もっと相手の気持ちを考えて、上手くコミュニケーションがとれるようにもなってきます。

「人を貶す(けなす)人」特徴・心理・対処法

人をけなす人の特徴・心理・対処法を下記します。

★人をけなす人の特徴

  • 態度が大きい
  • 偉そうにしている
  • 地位が高い
  • 声が大きい
  • 短気で気に入らないとすぐ怒る

★人をけなす人の心理

相手に対して強くてキツイ言葉を浴びせて、結果的に自分を守りたい

★「人をけなす人」対処法

付き合わなくてもいい相手の場合
  • ”かわいそうな人だと思って”相手にしない
  • ”言い合いになっても勝てると思うなら”言い返して黙らせる
どうしても付き合わないといけない相手の場合
  • けなすのは良くないと伝える
  • 哀れみの心で波風を立てないように対応する
  • その人よりも優秀になる
  • ”かわいそうな人だと思って”相手にしない

※上記については、下記リンクの記事より引用していますので、もっと詳しく内容が知りたい方は、ぜひご覧になってみてください。

「貶される(けなされる)人」特徴・解決方法

貶される人の特徴・原因・解決方法を下記します。

★「貶される人」の特徴

  • 気が弱い
  • 自信が無い
  • やる気が無い
  • 失敗が多い
  • いじられキャラ

★「貶される人」の原因

「この人は、貶しても反抗してこない、もしくは反抗してきても問題ない」という気持ちにさせていること

⇒言い換えれば「相手に舐められていること」

★「貶される人」の解決方法

  1. 周りの人から舐められない自分になる
  2. 貶してくる人から逃げる

※上記については、下記リンクの記事より引用していますので、もっと詳しく内容が知りたい方は、ぜひご覧になってみてください。

最後にひと言

貶すことが癖になっている方は、早いうちに気付かなければ、痛い目を見る可能性がとても高いため、今すぐにでも変えていくことが大事です。

他人を傷つけてもいいなら、自分は傷つけられてもいいのでしょうか。

貶されてしまいがちな人も、少しずつでも変わっていければ、いつか貶されない自分に変わることができるはずですので、ぜひ諦めないように取り組んで欲しいです。

~本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。~

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました