「協調性」とは ~協調性がある・ない人の違い、ない人の解決策~

この記事は約5分で読めます。

「協調性」は、仕事やスポーツ、趣味、家庭など、人と関わる様々な場面で求められているものです。

特に、就職や転職などの面接の際にも、好印象を与える自己PRの要素として用いられることが多いですが、しっかりと協調性の意味やメリット・デメリットを理解していなければ、面接官の鋭い質問に対応できず、悪い印象を与えてしまいかねません。

本記事では、『協調・協調性・協調性がある人・協調性がない人とは』『協調性がある人・ない人のメリット・デメリット、違いとは』、そして多くの方の悩みでもある『「協調性がない」解決方法』について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

協調・協調性・協調性がある人・協調性がない人とは

協調とは、一般的に「利害や立場の異なるものが互いに譲り合って協力すること」を意味します。

協調性とは、「周囲の人とうまく協調できる性質」を意味します。

周囲の人とうまく協調できる人を「協調性がある人」、周囲の人とうまく協調できない人を「協調性がない人」と言います。

スポンサーリンク

協調性がある人・ない人のメリット・デメリット、違いとは

協調性がある人とない人の違いを理解するためには、協調性があることのメリット・デメリット、協調性がないことのメリット・デメリットを理解する必要があります。

協調性があること・ないことのメリット・デメリット

まずは、協調性があることのメリットを下記します。

協調性があることのメリット
  • 協調性が必要だと思う人に好かれる可能性が高い
  • 協調性が必要な環境だと評価が高くなる
  • 単独ではなく複数人と協力して大きな成果を得られることも多い
  • 周囲の人を巻き込み、自分の困っている課題を解決できる
協調性があることのデメリット
  • 協調性が不要だと思う人に嫌われる可能性が高い
  • 協調性が不要な環境だと評価が低くなる
  • 単独で成果を出すのが下手・苦手になる
  • 1人では何もできない人だと思われてしまう

次に、協調性がないことのメリット・デメリットを下記します。

協調性がないことのメリット
  • 協調性が不要だと思う人に好かれる可能性が高い
  • 協調性が不要な環境だと評価が高くなる
  • 単独で大きな成果を出すことが得意になる
  • 自分の困っている課題を自分の手で解決できる力がつく
協調性がないことのデメリット
  • 協調性が必要だと思う人に嫌われる可能性が高い
  • 協調性が必要な環境だと評価が低くなる
  • 複数人で成果を出すのが下手・苦手になる
  • チームでは何もできない人だと思われてしまう

上記より、協調性があること、ないことのメリット・デメリットを明確にしたところ、一概にどちらが良いとは言えないことがわかりました。

協調性がある人・ない人の違い

協調性がある人・ない人の違いとは、「協調性が必要だと思っているのが協調性がある人、協調性が不要だと思っているのが協調性がない人」ということです。

これは、人が成長していく過程で気が付いたら身についている”価値観”の一つであり、過ごしてきた環境や境遇しだいでどちらになるかが変わってきます。

「自分にとって、協調性がある・なし、どちらが良いのか?」の答えを自然と持っているというわけなのです。

「協調性がない」解決方法

「君は、協調性がないね。」「なんで、自分は協調性がないのだろう。。」、人との協調性がないと言われたり、チームで作業している時に、自分のことだけで頭がいっぱいになってしまったりと、協調性がないということで悩んでしまうこともありますよね。

私がご紹介する解決方法とは、「協調性が必要な時に、”協調性があるのが良い”と思える価値観に変える」という方法です。

先ほどもお伝えしましたが、協調性がない人は、「協調性は不要だ!」という価値観が、感覚的に根付いているため、協調性のない行動をとってしまうのです。

でも、そういった行動の結果、誰かに怒られたり、嫌われたりして、「協調性は必要だ。」と思い始めることがあり、この悩みについてもそういった状況だと思います。

ただ、何年もかけて身についた「協調性は不要だ!」という価値観が、簡単に変えることはできませんので、少しずつ変えていくことが必要になってきます。

具体的な価値観を変える方法については、下記の記事にまとめてありますので、本記事では説明を割愛させていただきます。

この方法は、慣れないと難しくて苦労するものだと思いますが、覚えると様々な悩みを解決できるようにもなりますので、ぜひ試してみてください。

最後にひと言

協調性について掘り下げて理解しておくことで、面接の際にもしっかりと受け答えができるようになると思います。

また、協調性がないことが必ずしも悪いことではありません。

黙々と一人作業を求められる環境では、一つのことに集中できる人を評価しますので、無理に協調性を発揮されても、周りの方にも迷惑をかけてしまうため、協調性がないことも重要になってきます。

自分が今いる環境や場面で、協調の必要性を見極められることができれば、自分の最大のパフォーマンスを発揮し、最大の成果を得られるのだと思います。

1人でつくるもの、チームでつくるもの、決してどちらが良いものとは言えませんが、どちらも価値のある素晴らしいものだと思います。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました