「自信」とは ~自信がない根本的な原因・自信の付け方他~

この記事は約17分で読めます。

「自信」とは何なのか、実はよくわかっていない言葉かもしれません。

自信がないと不安になりますし、大きな悩みとして人生を左右する事態にもなりかねません。

本記事では、”自信”に関する内容を下記の項目でまとめています。

  1. 自信の意味・使用例
  2. 自信がない・なくなった理由 ~根本的な原因と自信の付け方~
  3. 「○○に自信がない」原因・解決方法 まとめ
  4. 根拠のない自信を持つことも大事 できないかもしれないを払拭できる
  5. 自信満々な人とは その強みと弱みについて
  6. 「自信はいらない」 自信を意識しない生き方もいいと思う
スポンサーリンク

自信の意味・使用例

自信の意味は、「自分の能力や価値を確信すること」です。

自信の使用例は、「自分の解答に自信がある」「彼は自信満々だ。」などがあります。

スポンサーリンク

自信がない・なくなった理由 ~根本的な原因と自信の付け方~

自信がないのはなぜかを考えていきます。

まずは、自分の中で自信があるものとないものを明確にし、その違いを考えていくことで、自信がない理由が見えてきます。

私の今、自信があるものを参考例として、下記します。

今、自信があるもの
  • PCの基本操作
  • 目玉焼きや卵焼きなどの簡単な料理
  • 箸やフォーク、ナイフを使った食事
  • 柔道の背負い投げ など

次に、私の自信がないものを下記します。

今、自信がないもの
  • PCの複雑な操作
  • 目玉焼きや卵焼きなどの簡単な料理以外の難しい料理
  • 高級レストランの食事マナー
  • 柔道の大外刈り など

ただ、自信がないものについては、今後できるようになるかを考えた場合、やる気次第で全てできるようになる自信が、私にはありますので、結果的には「自信がある」と言えます

私は結構自信がある方の人間なので、あまり参考にならないかもしれませんが、実は少し前までは自信がない人間でしたので、自信がない人の気持ちが痛いほどわかります。

自信がない人の場合は、今後を見据えた場合にも、自信がないと思ってしまうので、いくつか自信がないものとして残ってしまうのかと思います。

このように、自信があるものとないものを明確にし、そこからわかる自信があるものとないものとの違いは、「今もしくは今後、実現可能なら、自信があるもの。そうでなければ、自信がないもの。」となります。

もし、自信があるものであれば、誰かから「できますか?」と聞かれても、「できます。」もしくは、「時間を頂ければできます。」と自信をもって答えることができるのです。

そして、実現可能だと思えるようになるためには、「(成功の体験を得て)成功をイメージできること」が必要なのです。

この成功体験と自信の関係については、成功を重ねれば重ねるほど、自信が付き失敗が増えれば増えるほど、自信がなくなるという関係性があります。

失敗のままで終われば、自信がないままとなってしまいます。

だからこそ、自信を付ける方法とは、「たくさんの経験をし、失敗の経験から成功に必要な多くのことを学び、その上で成功をより多く体験して、成功のイメージを強く持てるようになること」が必要なのです。

ちなみに、成功体験を得るために、必ずしも現実世界で体験する必要はありません。

頭の中のシミュレーションであっても、成功体験に含まれるのです。

例えば、格闘家が強敵との試合が決まった際、何度も相手の試合動画を見て研究したり、実際に練習場でシミュレーションしたりすることで、試合当日までに相手に勝てる自信を付けていきます。

ですので、実際には戦ったことがない相手でも、初戦から勝てる自信を持って試合に臨むことができるのです。

現実で失敗を繰り返すよりも、シミュレーションで失敗した方が失うものもありませんので、シミュレーションはとても大切なことです。

上記を踏まえてまとめますと、自信がない根本的な原因は、「成功したことがない、もしくは成功するイメージが浮かばないこと」であり、自信がない理由は、「成功するイメージが浮かばず、実現不可能だと思っているから」となります。

次に、元々自信があった人の自信がなくなった理由は、「成功するイメージが浮かばなくなり、実現不可能だと思ってしまうから」です。

成功するイメージが浮かばなくなった原因は、「失敗体験や失敗するイメージが浮かぶようになったこと」です。

失敗体験をしてしまうと、失敗するイメージがトラウマのように残ってしまい、それを払拭するためには、同様のシチュエーションで成功体験を得ることが必要です。

また、加齢によって失敗するイメージが強くなることもありますが、例えば体の衰えを補う方法を見つけ出すことで、成功のイメージを強めて、自信を取り戻すことができます。

だからこそ、先ほどの自信を付ける方法と同じように、成功するイメージがとても重要なのです。

自信がない人の根本的な解決方法は、「自信があるから、なりたいものになれるし、欲しいものが手に入る可能性が上がる。自信がないから、なりたいものになれないし、欲しいものが手に入らない可能性が上がる。」ということを価値観として身につけることです。

宝くじを買うから、宝くじに当選する可能性があるのです。

練習をするから、試合に勝てる可能性が上がるのです。

ゲームするから、ゲームの腕が上がるのです。

アニメを観るから、アニメに詳しくなるのです。

そして、自信があるから、成功できる可能性が上がるのです。

なぜなら、自信がある人と自信がない人は、成功させるための練習量や質が異なるからです。

自信がある人は、「絶対に成功させる!」という強い気持ちで練習を行いますので、練習の質が高く、時間も多くなります。

それに比べて、自信がない人は、成功させたい気持ちよりも、逃げたい・避けたい・やりたくないという気持ちが強いため、練習の質が下がり、時間も少なくなってしまいます。

だからこそ、成功できる可能性に違いが生まれるのです。

ただ、自信がない人は、「リスク管理能力が高い」という長所もありますので、自信がある人よりも劣っていると落ち込む必要はありませんが、そのままでは自信がない人止まりになってしまいますので、リスクを踏まえた上で、成功に導く行動をとれるようになれば、自分なりのリスク対策を盛り込んだ計画を持って思いっきり行動できる自信のある人になることができるのです。

もし、「NARUTO」という少年漫画をご存知であれば、”奈良シカマル”というキャラクターに近いイメージだと思います。

なお、価値観を変える方法については、下記リンクの記事をご覧ください。

★自信があるものとないものとの違い

今もしくは今後、実現可能なら、自信があるもの。そうでなければ、自信がないもの。

★自信がない根本的な原因

成功したことがない、もしくは成功するイメージが浮かばないこと

★自信がない理由

成功するイメージが浮かばず、実現不可能だと思っているから

★自信がなくなった理由

成功するイメージが浮かばなくなり、実現不可能だと思ってしまうから

★自信を付ける方法

たくさんの経験をし、失敗の経験から成功に必要な多くのことを学び、その上で成功をより多く体験して、成功のイメージを強く持てるようになること

★自信がない人の根本的な解決方法

「自信があるから、なりたいものになれるし、欲しいものが手に入る可能性が上がる。自信がないから、なりたいものになれないし、欲しいものが手に入らない可能性が上がる。」ということを価値観として身につけること

「○○に自信がない」原因・解決方法 まとめ

様々な「○○に自信がない。。」について、原因と解決方法を下記にまとめました。

仕事に自信がない

原因

そもそも仕事上の自分の役割を100%理解していない。もしくは、それを理解していても役割を満足にこなせないから

解決方法

仕事上の自分の役割を100%理解して、その役割を満足にこなせるようになること

生きる自信がない

原因

衣食住・夢・希望を得るための”お金”と”努力できる自分”を持ち合わせていないこと

解決方法

自分の人生に”必要なお金”と”そのお金の出どころ”を明確にし、夢や希望を追いかけられる自分になること(=人生設計をして行動すること)

顔が可愛いと言われるけど自信がない

原因

自分の持っている可愛さの評価基準(感性)で自分の顔を評価すると可愛くないと思うから

解決方法

”他人の感性では自分の顔を可愛いと評価することもある”という事実を受け入れること

愛される自信がない

原因

自分が、”よっぽど愛される経験が豊富な人”でもなく、”愛されること以外知らない人”でもなく、”絶対に愛されると思い込んでいる人”でもないこと

解決方法

”結局は、相手も他人だから、確実に愛されることなんてない”ということを理解した上で、相手が愛してくれるように、自分から相手を愛すこと

プライドが高いのに自信がない

原因

自分にとっては、知識や経験が多くプライドが高い分野でも、条件によっては、失敗する可能性が高まることもある

解決方法

”自分にとっては、知識や経験が多くプライドが高い分野でも、条件によっては、失敗する可能性が高まることもある”と理解し、プライドを守れるように自信がない失敗しそうな条件を事前に対策(成功体験)しておくこと

自分の判断に自信がない

原因
  1. 判断する事柄を熟知していないこと
  2. 判断する事柄を熟知していても失敗するリスクを最大限排除しきれていないこと
  3. 自分が責任をとる立場であることを認めていない、もしくは受け入れられていないこと
解決方法
【原因①】判断する事柄を熟知していないこと に対する解決方法

判断する事柄について熟知すること

【原因②】判断する事柄を熟知していても失敗するリスクを最大限排除しきれていないこと に対する解決方法

最大限想定できる失敗するリスクを洗い出し対策を施すこと

【原因③】自分が責任をとる立場であることを認めていない、もしくは受け入れられていないこと に対する解決方法

責任をとる立場の重要性を理解し、自分が責任をとる立場であることを受け入れ認めること

カラオケに自信がない

原因

歌に自信がない、もしくは、歌には自信があっても、人前で歌うのが苦手で自信がなくなる

解決方法

上手に歌えるようになること、もしくは、人前で歌える強い精神力を身につけること

謙虚すぎて自信がない

原因

相手の意見を重視した行動をとっているから

解決方法

相手の意見を重視した謙虚な姿勢のままでも構わないが、自分が決めた”ある一線”を越えた時には、自分の信念を貫く行動をとること

リーダーの自信がない

原因

リーダーなんて自分には無理だと思い込んでいる、もしくは、リーダーとしての計画や判断で、失敗するリスクだけが見えていて、リスク対策がされていないこと

解決方法

リーダーを務める気持ちがないなら潔くリーダーをやめること、もしくは、リーダーを務める気持ちがあるならチームのリスク対策を徹底的に行うこと

自分の外見に自信がない

原因

自分が思う理想の外見と、実際の自分の外見が異なっているため、自分の外見を良いものだと思えないこと

解決方法
どうしても理想を追い求めるならば

自分が思う理想の外見に近づけるために整形を試みる

理想を追い求めずに自分ならではの良さを追求するならば

自分ならではの良さを活かして、自分の外見をより良いものに高めていく

完璧主義で自信がない

原因

何事にも失敗する可能性があるということを受け入れられていないこと

解決方法

何事にも失敗する可能性があるということを受け入れ、最大限考えられる最善の方法を実行し、予想される失敗に対しても対策を立てておくこと

彼女欲しいけど自信がない

原因
①自分なんかに彼女ができる自信がない状態の原因

自分が彼氏としての需要がないと思い込んでいること

②上手く付き合っていける自信がない状態の原因

彼女と上手く付き合っていけるイメージが浮かばないこと

解決方法
①自分なんかに彼女ができる自信がない状態の解決方法

他人の好みはわからないし、必ず好きになってくれる人はいるということを理解すること

②上手く付き合っていける自信がない状態の解決方法

自分が思う理想の彼氏像を明確にし、その理想の彼氏像に近づく努力をすること

笑顔に自信がない

原因

自分の笑顔に関する価値観が、自分の笑顔を素敵な笑顔だと思えないこと

解決方法
  1. 自分の笑顔に関する価値観を見直すこと
  2. 今の価値観で素敵だと思える笑顔を目指すこと

急に自信がなくなる

原因

急に自分が失敗する可能性があることに気付いたこと

解決方法

急に自信がなくなるのは、失敗する可能性があることに気付いたからだと理解し、慌てずに成功に向けて対策を施すこと

優秀なのに自信がない

原因

自信の有無には、優秀という要素は必ずしも関連せず、対象の分野や自分自身に自信がないこと

解決方法

自信の有無には、優秀という要素は必ずしも関連しないことを理解し、もし自信を付けたければ、成功体験を増やして自信を付けていくこと

何もかも自信がない

原因

何かしらの失敗や他人と比べて感じる劣等感により、自分の中で、多くの”失敗のイメージ”が浮かんでしまうこと

解決方法

今は、失敗のイメージが浮かびやすくなっている時期だと理解し、改めて自信をつけるための行動をとること

褒められても自信がない

原因

褒められても自信がないと思うものについて、根本的に自信がないこと

解決方法

褒められても自信がないと思うものについて、根本的に自信を付けること

試験を受験するのに自信がない

原因
  1. そもそも試験の合格ライン以上の実力をつけていないこと
  2. 試験に合格できないかもしれないと考えすぎていること
  3. 本当の意味で自信を持つことの重要性を理解していないこと
解決方法

試験の合格ライン以上の実力を身につけ、自信を持つことの重要性をしっかりと理解し、意識して試験に合格する自信を付けていくこと

根拠のない自信を持つことも大事 できないかもしれないを払拭できる

自信を持てるだけの根拠があれば、自信を持つことができるのですが、時には根拠なしに自信を持つことも重要です。

例えば、「プロ野球選手になれる自信がない」時に、自信を持てるだけの具体的な根拠というのは、見つかりにくいですよね。

だからこそ、「自分は、絶対にプロ野球選手になるんだ!根拠はないけど、プロ野球選手になれる自信だけは持とう!」と強く思うことで、それからの自分の行動が、プロ野球選手になるための行動になっていくのです。

やはり、なれると思っている人と、なれないと思っている人を比べた時に、なれると思っている人の方がたくさん努力しますし、どんなに辛い時でも、なりたいものの為なら決して諦めない強い気持ちを持つことができます。

ですので、根拠のない自信を持つことで、「できないかもしれない。。」を払拭できるのです。

自信満々な人とは その強みと弱みについて

自信満々な人とは、自信に満ち溢れている人のことを言います。

自信満々なので、すごく行動力があるのですが、逆に自信があり過ぎることで、失敗するリスクを軽視してしまいがちな面もあります。

「俺に任せろ!!」と言って自信満々だったのに、思いっきり失敗して皆に迷惑をかけてしまうことだってありますよね。

もちろん、行動して失敗することで、貴重な経験を積んでいくことができるのですが、いつもいつも周りに迷惑をかけてしまうのでは、信頼もなくなってしまいますし、嫌われてしまうこともあるでしょう。

「失敗は成功のもと」といっても、その人の成長に付き合わされる周りの人は、誰でも優しく失敗に付き合ってくれるわけではなく、正直イラつく人も多いと思います。

「自信満々で失敗が多い」「自信満々で成功が多い」なら、どちらが周りから信頼されるかを考えれば、やはり後者となりますよね。

ですので、自信満々な強みである「行動力」と、弱みとなりがちな「失敗するリスクを軽視すること」を理解し、弱みの対策を十分行うことで、周りからも信頼される人になっていけるのです。

「自信はいらない」 自信を意識しない生き方もアリ

ここまで自信を持つことの重要性を述べてきましたが、逆に「自信はいらない」という考え方もアリだと思います。

「自信があるからやれる、自信がないからやれない。」と思う人もいれば、「やりたいからやる、自信の有無は関係ない。」と思う人もいます。

後者のような考え方の人というのは、自信の有無は気にせず、自分がやりたいことだからやるという素直な気持ちで行動できる人なので、そんな人にとっては、「自信」なんていらないと思えるわけであり、それで良いのだと思います。

自信の有無を意識することも意識しないことも、人それぞれであり、どちらであっても自分の欲しいもののためにしっかりと行動さえできれば、きっと後悔の無い人生を送ることができるのです。

最後にひと言

「自信」というのは、自然と身につくものでもあり、自分で身につけられるものでもあるので、自然と身につくのを待つのもいいですが、本気で目指すべきものの為なら、自分で身につけることも近道の一つになるのです。

簡単に自信が付くわけではありませんが、自分がなりたいものになるためには、やはり必要なことだと思いますので、諦めずに毎日一歩ずつ進んでいきましょう。

きっと、そんな日々も後で振り返れば”宝物”になります。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました