「無視」とは ~意味・使用例、無視する・される原因や対策等~

この記事は約6分で読めます。

「無視」という言葉を聞くと、どうしてもネガティブな印象が強いと思う方が多いですよね。

本記事では、「無視」の意味・使用例・メリット・デメリット、無視に関する悩みの解決方法等について、まとめてあります。

当たり前に使用している言葉だとは思いますが、改めて考えてみることで、新たな気付きが得られることもありますので、ぜひ一度、再確認の意味も込めて、本記事をご覧になってみてください。

スポンサーリンク

「無視」「シカト」とは

「無視」「シカト」の言葉の意味や使用例について下記します。

「無視」意味・使用例

「無視」の意味は、一般的に「存在や価値を認めないこと」です。

「無視」の使用例としては、「命令を無視する」や、「信号無視」といったものがあります。

他人に対して無視をすることで、相手を傷つけたり、挑発できたりしますので、一般的にもネガティブなイメージがあります。

ただ、ある事柄を気に掛ける必要がない時にも使用しますので、例えば、ネジを10,000個作った結果、その内の10個が不良品だった時にも、「そのくらいの数の不良品は、製造上やむを得ないので、無視できる!」とポジティブなイメージとして、使用されることもあります。

「シカト」意味・語源・使用例

「相手を無視をする」という意味で、「シカト」という言葉があります。

この「シカト」というのは、花札の10月札に描かれた鹿(シカ)が後ろ向きで、知らん顔をしているように見えることが由来だと言われています。

∴ 鹿(シカ)、10(ト) ⇒ シカト

「シカト」の使用例としては、「挨拶したのにシカトされた」「ルームメイトからシカトされた」といったものがあります。

スポンサーリンク

「無視」メリット・デメリット

無視のメリットは、下記のようなものがあります。

「無視」メリット
  • 自分にとって余計だと思うものを気にかけないようにできる
  • 相手に対する嫌いな気持ちや、怒りの感情を伝えることができる

自分の中で、抱えるものが多すぎた場合には、一度頭の中を整理し、余計なものを意図的に無視することで負担を減らすことができます。

嫌いな相手に対して、これ以上関わってきてほしくない時にも、一方的に縁を切る方法として効果があります。

次に、デメリットについては、下記のようなものがあります。

「無視」デメリット
  • 自分にとって本来必要なものまで、無いものとして扱ってしまう
  • 相手だけでなく周囲の人からも嫌われてしまう可能性がある

検討が足らず、必要なものまで無いものとして扱ってしまうと、大きな失敗に繋がる恐れがあります。

もし、嫌いな人だけに嫌われようと思っていても、変な噂や悪口から周囲の人からも嫌われてしまう可能性があります。

注意すべき、無意識に「無視」と勘違いされる行動

無視したつもりは無くても、「無視しないで!」と怒られてしまうこともありますよね。

そういった場合には、自分が下記のような「無視」と勘違いされる行動をとっている可能性があります。

「無視」と勘違いされる行動
  • 相手との会話の際、相手が待ってられないほど、返事が遅い
  • 相手との会話の際、相手が納得できないような、雑な返事をする
  • 相手との会話の際、自分が他のことを優先して、返事を後回しにする

上記のような勘違いされるような行動をとっているのではないでしょうか。

こういった無意識でとる行動が、対人関係でトラブルに発展しないよう、できるだけ注意し、改善していくことが大切なのです。

「無視する人」心理・対処法

「いつもあの人は、自分のことを無視するんだよな。。」という悩みに関する、他人を無視する人の心理と対処法を下記します。

★「無視する人」の心理とは

自分が無駄だと思ったり、相手に対する怒りや不満等の感情が込み上げてきたら、原因となっているものを無視することで、自分が思う無駄を省いたり、相手に対する怒りや不満等の感情を伝えたい

★「無視する人」対処法とは

今後も付き合わなければならない相手の場合
  • しっかり会話して、和解を持ちかけてみる
  • かわいそうな人だと思いながら、最低限の付き合いをする
  • どうしても我慢できないなら”縁を切る”
今後は付き合わなくてもいい相手の場合
  • かわいそうな人だと思いながら、最低限の付き合いをする
  • 自分も相手にしない、無視する

※詳しい説明については、下記の記事をご覧ください。

「無視される人」原因・解決方法

「なんで自分は無視されることが多いんだろう。」という悩みに関する、他人から無視される人の原因と解決方法を下記します。

★「無視される人」の原因とは

相手にとって自分が不要な存在だから、もしくは、自分が相手に怒りや不満等の感情を抱かせているから

★「無視される人」の解決方法とは

  • 相手にとって自分が必要な存在になる
  • 自分が相手に怒りや不満等の感情を抱かせているなら改善する

※詳しい説明については、下記の記事をご覧ください。

「無視してしまう人」原因・解決方法

「また無視してしまった。。」という悩みに関する、他人を無視してしまう人の原因と解決方法を下記します。

★「無視してしまう」原因とは

無視をすることで、自分が思う無駄を省いたり、相手に対する怒りや不満等の感情を伝えたりできることを知っているから

★「無視してしまう」解決方法とは

  • 【ステップ①】無視のデメリットをしっかりと理解する
  • 【ステップ②】無視したくないと本気で思えるようになる
  • 【ステップ③】無視以外の行動を採用し実践する

最後にひと言

人が頭で考えられることにも限界がありますので、余計なことを無視することで、心の余裕を創り出すことができます。

ただ、そういった半面、選択ミスをしてしまうと、重要なものまで無視してしまい、大きなトラブルに発展してしまう可能性も高くなります。

「無視」のメリットやデメリットを理解して、上手く使いこなすことができれば、より良い人生になっていくのだと思いますので、ぜひ一度、自分にとっての「無視」を再確認してみてはいかがでしょうか。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました