「何もかも自信がない」原因・解決方法

「何もかも自信がない」原因・解決方法日常生活
この記事は約4分で読めます。

「もう何もかも自信がないよ。。」と悩んでしまうこともありますよね。

このような心理状態になると、何もかもネガティブに考えてしまう傾向があるため、更なる悩みを生み出しかねません。

本記事では、「何もかも自信がない」原因・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「何もかも自信がない」原因

何もかも自信がないというのは、「何かしらの失敗や他人と比べて感じる劣等感により、自分の中にある自信のないものが増えてしまっている状態」です。

自信がなくなるのは、成功のイメージが浮かばなくなることが原因なので、”失敗すること”はもちろん、”自分が考えていた成功の基準が、他人との比較でより高いものに変わってしまうこと”でも、成功のイメージが浮かばなくなってしまうのです。

成功のイメージが浮かばなくなる分、失敗のイメージが浮かび、その数が多くなっていくことで「何やってもどうせ失敗するよ。。」と、”何もかも自信がない”というネガティブな気持ちになってしまうのです。

よって、何もかも自信がない原因は、「何かしらの失敗や他人と比べて感じる劣等感により、自分の中で、多くの”失敗のイメージ”が浮かんでしまうこと」となるのです。

★「何もかも自信がない」原因

何かしらの失敗や他人と比べて感じる劣等感により、自分の中で、多くの”失敗のイメージ”が浮かんでしまうこと

「何もかも自信がない」解決方法

何もかも自信がないの解決方法は、「今は、失敗のイメージが浮かびやすくなっている時期だと理解し、改めて自信をつけるための行動をとること」となります。

現状が、失敗のイメージが浮かびやすくなっている状態なので、まずは「今は、失敗したり、劣等感を感じたりして、一時的にネガティブな心理状態になっているのだな。」と理解することで、「何もかも自信がない。。。」と嘆いてしまうことを抑えることができます。

そもそも、誰だって常にポジティブではいられませんし、”ネガティブな自分も生きるためには必要”なのです。

「ネガティブな自分も生きるためには必要」の解説

人は日頃感じる全てのものから、「変わりたい」「もっと良くなりたい」と思う気持ちが生まれ、その時に、現状の自分となりたい自分とのギャップが壁として現れます。

その壁を越える方法が分からない時に、失敗のイメージが生まれ、自信がなくなってしまうのです。

でも、ネガティブな自分がいなければ、勢いで無茶苦茶に壁を登って、大けがをすることだってあります。

もしも、大けがをしたら、もっと壁が高くなって、挑戦を諦めてしまうこともあるでしょう。

ネガティブな状態の時には、この大けがというリスクが見えているので、行動は止まりがちですが、ネガティブだからこそ、一生懸命考えて、悩んで、慎重にできるだけ確実に壁を乗り越えていくことができます。

だからこそ、ネガティブになっている時ほど、”大きなミスをしないように、しっかりと考えている自分”に自然となっているのです。

次に、改めて自信を付けるための行動をとる必要がありますが、自信を付ける方法については、下記の記事で紹介しますので、ご覧になってみてください。

★「何もかも自信がない」解決方法

今は、失敗のイメージが浮かびやすくなっている時期だと理解し、改めて自信をつけるための行動をとること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「何もかも自信がない」原因

何かしらの失敗や他人と比べて感じる劣等感により、自分の中で、多くの”失敗のイメージ”が浮かんでしまうこと

★「何もかも自信がない」解決方法

今は、失敗のイメージが浮かびやすくなっている時期だと理解し、改めて自信をつけるための行動をとること

何もかも自信がない時には、とにかくネガティブな思考になってしまいますが、本文中にも記載しましたとおり、単純に”ネガティブだから悪いもの”というわけではありません。

ネガティブが悪いと思えば思うほど、無駄に苦しくなってしまうので、注意が必要です。

人生は山あり谷ありなので、何もかも自信がないと嘆いてしまう時だってありますが、きっとそれを乗り越えたところに、欲しかった未来が待っていると信じて、少しずつ良くなるように頑張っていきましょう。

ボン太
ボン太

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました