「カラオケに自信がない」原因・解決方法

この記事は約4分で読めます。

「カラオケに自信がないなぁ。。。」と悩まれる方も多いですよね。

カラオケに自信がないと、いざカラオケをすることになっても、緊張しすぎて、全く楽しめないですよね。

本記事では、「カラオケに自信がない」原因・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「カラオケに自信がない」原因

”歌に自信がない人”は、カラオケも自信がありませんよね。

”歌には自信があっても、人前で歌うのが苦手で自信がなくなる人”は、単純に人に聴かれるのが恥ずかしいことや、周りの人から自分の歌を評価されている気がしてしまい、「”悪い評価”をされたら嫌だな。」とネガティブな気持ちになるため、自信がなくなってしまいますよね。

その”悪い評価”といっても、歌が下手ということだけではなく、「なんか、ダサい歌だったから、テンション下がるわ。」「一人だけテンション高くて、ウケる。」といった雰囲気を重視するひどい指摘もあります。

まさに、そういったカラオケ部屋の雰囲気を取り締まる人は、”カラオケ奉行”と呼べるでしょう。

やはり、カラオケを誰とするかによっても求められるものが変わってくるため、例えば、皆で騒ぎたい時や、しっとり落ち着いた曲を味わいたい時など、その雰囲気に合わせた選曲もしないといけない気がしてしまうので、「カラオケは気をつかうものだ」と苦手意識が芽生える人も多いです。

カラオケ奉行が仕切っていることが、良くも悪くも大きな影響を及ぼしているのです。

だからこそ、カラオケに自信がない原因は、「歌に自信がない、もしくは、歌には自信があっても、人前で歌うのが苦手で自信がなくなる」ということになります。

★「カラオケに自信がない」原因

歌に自信がない、もしくは、歌には自信があっても、人前で歌うのが苦手で自信がなくなる

スポンサーリンク

「カラオケに自信がない」解決方法

カラオケに自信がないの解決方法は、「上手に歌えるようになること、もしくは、人前で歌える強い精神力を身につけること」になります。

歌に自信がない方は、自分が納得できるだけの歌唱力を身につけることが必要であり、場合によっては、スクールに通うなどして上達させていくこともいいと思います。

ちなみに、私がやっていた歌唱力アップ方法を一つご紹介します。

私がやっていた歌唱力アップ方法

私自身、小さい頃、音楽には興味がなく、運動ばかりやっていたので、とにかく音痴でした。

でもある時、ギターと出会い「歌が上手くなりたい!!」と思ってから特訓を開始し、自分で言うのも変ですが、今ではある程度上手になることができました。

その方法の一つとして、「自分が歌いたい曲を流しながら、アーティストの歌とピッタリ重なるまでひたすら繰り返すこと」です。

アーティストの歌とピッタリ重なることができれば、とにかく気持ちがいいです。

この”気持ちがいい”という感覚を身につけていくことで、音感が養われていきます。

むしろ、これくらいしっかりとメロディーを身につけていないのに、カラオケで歌っても、上手く歌えないのは当然だと思います。

有名なアーティストだって、何度も何度も飽きるほどその曲を歌い、たくさん努力して自分の物にしているということを覚えておいてください。

人前で歌うのが苦手で自信がなくなる方は、その苦手を克服していかなければなりませんので、まずは誰か一人に聴いてもらうところから始めて、自信が付いてきたら、聴いてもらう人数を増やしていくといいでしょう。

また、究極の解決方法として、「カラオケに自信がないなら、カラオケに行かなければいい」というものもありますが、誘いを断ることでこじれる人間関係もありますので、推奨しません。

解決方法としては、予想通りの内容だったかもしれませんが、結局、自分が納得できる歌唱力や精神力を身につけなければ、自信を付けることはできませんし、世の中の歌が上手い人だって、たくさん練習しているからこそ上手なので、やはり努力は必須なのです。

★「カラオケに自信がない」解決方法

上手に歌えるようになること、もしくは、人前で歌える強い精神力を身につけること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「カラオケに自信がない」原因

歌に自信がない、もしくは、歌には自信があっても、人前で歌うのが苦手で自信がなくなる

★「カラオケに自信がない」解決方法

上手に歌えるようになること、もしくは、人前で歌える強い精神力を身につけること

歌の上手下手を気にせず、楽しむことが目的の人どうしなら、ある程度気楽にいられると思いますが、そんな人ばかりではないからこそ、悩んでしまいますよね。

結果、歌唱力と精神力を身につけることという、ごもっともな解決方法になりましたが、一つ覚えておいて欲しいのが、「実際は、あまり他人の歌を聴いていないことも多い」ということです。

自分が歌っている時に、周りを見渡してみると、次に歌う曲を考えている人、違うことを考えている人、ボーっと休んでいる人など、全く自分の歌を聴いていないことも多いです。

「大音量で歌っているのに、意外と聴いてもらえない。」それが”カラオケ”です。

だからこそ、他人の目を気にし過ぎないことも重要です。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました