「自分の考えを伝えるのが苦手」原因・克服方法・解決方法

この記事は約5分で読めます。

「自分の考えを伝えるのが苦手だ。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「自分の考えを伝えるのが苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「自分の考えを伝えるのが苦手」原因

自分の考えを伝えるのが苦手な原因の一つに、自分の考えの根拠が明確になっていないことが考えられます。

そもそも、全ての自分の考えを伝えるのが苦手なのかというと、そうではないのかと思います。

例えば、友人に対して「これから雨が強くなる予報だから早く帰った方がいい」という自分の考えを伝えるのに、苦手意識はそれほどないでしょう。

「○○だから、○○だ!」というように、自分の考えが論理的になり立っている時には、自分の考えに自信を持って発言することができます。

自分の考えの根拠が明確になっていない場合、もし間違っていたらどうしようと気にしてしまって、たどたどしい表現になってしまうことで相手が理解しにくくなってしまうのです。

逆に言えば、自分の考えの根拠が明確になっていることなら、伝えることの抵抗は小さくなります。

また、自分の考えに自信があっても、頭の中の考えを上手く言語化できない場合もあります。

例えば「どうやったら鉄棒の逆上がりができるようになるんですか?」という質問に対して、自分の頭の中では「バッと飛んで、こうグイっと回る感じで、スッとするのも大事・・・」と相手に伝えたいのに上手く言語化できないことで、結局「えーと、ごめん。説明が難しい。」という風に返事してしまうことになってしまいます。

さらに、自分の考えを伝えるための言い回しの技術がない場合も、苦手な原因として考えられます。

「配布資料が必要で、課長の承認印もあった方がいい、15時までに、何の件かというと、えーと。。」というような、文法無視の表現だった場合には、相手には伝わりにくいことが多いでしょう。

以上の内容を踏まえると、自分の考えを伝えるのが苦手な原因は、「自分の考えの根拠が明確ではないことや、相手が理解し納得できる言語化や言い回しの技術がないこと」となります。

★「自分の考えを伝えるのが苦手」原因

自分の考えの根拠が明確ではないことや、相手が理解し納得できる言語化や言い回しの技術がないこと

スポンサーリンク

「自分の考えを伝えるのが苦手」克服方法

自分の考えを伝えるのが苦手の克服方法は、「論理的に物事を考える習慣を身につけ、自分の考えを伝える時にも、論理的に伝えるように心掛けること」となります。

例えば、「雨がっぱは必要だ!」という自分の考えを伝えた場合、相手は「なんで?傘があればいいでしょ。」と自分の考えの根拠がわからないと、なんでそういう考えなのかがわかりません。

だからこそ、「傘があればそれなりの雨は防げるけど、大雨や風が強い時には傘が壊れてしまうため、緊急時用にも雨がっぱが必要だ!」というように伝えることができれば、自分の考えを理解してもらえると思います。

論理的に考えることができれば、言語化しにくい内容の場合も、言い回しの技術がない場合も、伝えたいことが明確になり、伝わりやすい表現ができるようになります。

私自身、昔は説明が下手で怒られることが多かったのですが、論理的に物事を考えていくうちに、いつの間にか改善することができました。

そして、この論理的に考えることは、慣れないと難しいので、習慣づけていく必要があります。

論理的に物事を考える習慣を身につけて、他人との意見交換の際には、「○○だから、○○だと思う!」と伝えることができるようになれば、苦手意識も無くなっていきます。

★「自分の考えを伝えるのが苦手」克服方法

論理的に物事を考える習慣を身につけ、自分の考えを伝える時にも、論理的に伝えるように心掛けること

「自分の考えを伝えるのが苦手」解決方法

自分の考えを伝えるのが苦手の解決方法は、「自分の考えを他人に伝えることが少ない生き方に変えていくこと」となります。

自分の考えを伝えるのが苦手な人は、世の中にはたくさんいます。

無理に苦手を克服しようとして、どうしても悩み過ぎてしまう場合は、克服を保留にして苦手のまま楽になる解決を目指しましょう。

仕事にもいろいろな種類がありますので、自分の考えを他人に伝えることが少ない仕事に変えていけば、苦手だと気にする必要も無くなりますし、自分に合った生活だと実感できるようになると思います。

自分が気づいた苦手を全て克服しなければ気が済まないのであれば、克服し続けていく人生でもいいと思いますが、苦手があったとしても、自分の得意を高めることに時間をかける人生も、素晴らしいものだと思います。

★「自分の考えを伝えるのが苦手」解決方法

自分の考えを他人に伝えることが少ない生き方に変えていくこと

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「自分の考えを伝えるのが苦手」原因

自分の考えの根拠が明確ではないことや、相手が理解し納得できる言語化や言い回しの技術がないこと

★「自分の考えを伝えるのが苦手」克服方法

論理的に物事を考える習慣を身につけ、自分の考えを伝える時にも、論理的に伝えるように心掛けること

★「自分の考えを伝えるのが苦手」解決方法

自分の考えを他人に伝えることが少ない生き方に変えていくこと

相手に伝えたいことが伝わらない歯がゆさは、すごくストレスになりますし、大きな悩みにもなります。

本気で自分を変えたいと思うなら、本気で考えて本気で行動することが大切なことだと思います。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました