「質問が苦手」原因・克服方法・解決方法

この記事は約3分で読めます。

「質問が苦手。。。」「何か質問しなきゃいけない。でも、何も出てこない。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「質問が苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「質問が苦手」原因

質問が苦手なのは、なぜでしょうか。

何かに対して質問しなくちゃいけないのに、何を質問したらいいのかわからない、思い浮かばないといった状態になってしまうのだと思います。

そもそも、質問をしなくちゃいけない状態って、自分が質問したくてするわけじゃないですよね。

自分が質問したくてする時なら、腐るほど質問内容が出てくることだってあります。

例えば、自分の憧れの人と30分話すことができるとしたら、質問はたくさん思い浮かぶでしょうし、緊張しながらも上手く言葉が出てこなくても頑張って質問することでしょう。

それでは、話を戻しまして、質問をしなくちゃいけない場面だとしたら、どうでしょう。

やはり、質問をしなくちゃいけないだけであり、素直に申し上げますと「興味がありません!」といった状態だからこそ、質問が出てこないのです。

興味がなければ質問はなく、興味があれば質問もあるのです。

よって、質問が苦手の原因とは、「質問する相手や内容に興味を持っていないこと」となるのです。

★「質問が苦手」原因

質問する相手や内容に興味を持っていないこと

スポンサーリンク

「質問が苦手」克服方法

質問が苦手の克服方法とは、「興味を持つこと」となります。

例えば、意識の高い人というのは、質問が得意な人も多いですよね。

なぜなら、意識の高い人は、何事にも前向きに取り組んでいて、機会があるのなら得られるものをたくさん得ようと考えているからこそ、興味を持っていて、質問もできるのです。

とにかく、質問する相手や内容に対して、興味を持たなければ質問したいことも出てきませんので、興味を持つことが大切なのです

自分が興味ないことでも質問しなくちゃいけない場面は、意外と多いですよね。

その時には、「質問するなら興味を持つ」と決めて、時間があるなら調べたり、相手の話を注意深く聞いたり、「自分だったらこうするけど、なんでこの人はそうしたんだろう?」などを考えたりすることで、徐々に興味を持つことができるようになります。

また、質問をするというのは、発表みたいなものなので緊張してしまいますよね。

質問する時には、手元にメモを準備しておくと、質問しやすくなりますので、ぜひお試しください。

★「質問が苦手」克服方法

興味を持つこと

「質問が苦手」解決方法

質問が苦手の解決方法とは、「質問をしなくてもいい環境で生きていくこと」となります。

質問をしなければならない場面が、ほとんどない環境もたくさんあります。

打ち合わせや会議等の多い環境ほど、一人一人の意見を重要視しているからこそ、質問を要求してくることが多いのだと思います。

自分の置かれている環境が、質問を要求してくる環境であるならば、その環境を変えていくことで、質問が苦手だと悩むことも少なくなっていきます。

克服が困難で悩み過ぎてしまうのであれば、環境を変えることを検討してみるのもいいのかと思います。

★「質問が苦手」解決方法

質問をしなくてもいい環境で生きていくこと

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「質問が苦手」原因

質問する相手や内容に興味を持っていないこと

★「質問が苦手」克服方法

興味を持つこと

★「質問が苦手」解決方法

質問をしなくてもいい環境で生きていくこと

質問する時には、周りの人に注目されることが多いので、緊張してしまいますよね。

緊張して失敗してしまわないように、ある程度の事前準備をしておくことが大切なのです。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました