「目を合わせるのが苦手」原因・克服方法・解決方法

この記事は約4分で読めます。

「目を合わせるのが苦手だ。。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「目を合わせるのが苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「目を合わせるのが苦手」原因

目を合わせるのが苦手なのは、なぜでしょうか。

まずは、他人と目を合わせる時に気になることを考えていくと、下記のようなものが挙げられます。

他人と目を合わせる時に気になること
  • 見つめ合うのが恥ずかしい
  • 相手の目が怖い
  • 目を見ていると落ち着いて考えられない
  • 相手が自分の顔をじーっと見ているのが気持ち悪い
  • 自分の顔に自信が無いからあまり見て欲しくない など

このようなことが気になってしまうので、目を合わせたくないと思ってしまうのでしょう。

自分の中に「目を合わせることは嫌なことだ。」という認識が染みついているからこそ、苦手意識を持ってしまうのです。

人それぞれ様々な理由により、目を合わせることが苦手になっているので、先ほどの気になることと関連付けて詳しくみていきます。

他人と目を合わせる時に気になること【深掘り結果】
  • 見つめ合うのが恥ずかしい

⇒見つめ合うことが慣れていない場合は、見つめ合うことが照れくさくなってしまいます。

  • 相手の目が怖い

⇒怖い人に睨まれたり怒られたりした経験がある場合は、怖い目を見た瞬間に逃げ出したくなる気持ちになります。

  • 目を見ていると落ち着いて考えられない

⇒物事を考える時に目を閉じたり、一点を集中して見る癖のある方は、相手の目を見ていると「相手は今何を考えているんだろう?」と思うなどして、落ち着いて考えることができなくなってしまいます。

  • 相手が自分の顔をじーっと見ているのが気持ち悪い

⇒じーっと見てくる人が気持ち悪いと思った経験がある場合、しっかりと顔を見てくる人が気持ち悪いと思ってしまいます。

  • 自分の顔に自信が無いからあまり見て欲しくない

⇒自分の顔に自信が無い人は、「あまり顔を見て欲しくないんだけど。。。」と気が引けてしまいます。

このような経験等により、目を合わせることの苦手意識が芽生えていったのだと考えられます。

よって、目を合わせるのが苦手の原因とは、「人それぞれ様々な理由があり、目を合わせることが嫌だと思っていること」となります。

★「目を合わせるのが苦手」原因

人それぞれ様々な理由があり、目を合わせることが嫌だと思っていること

スポンサーリンク

「目を合わせるのが苦手」克服方法

目を合わせるのが苦手の克服方法とは、「目は合わせた方が良いという価値観に変え、目を合わせる経験を積んでいくこととなります。

「やっぱり目は合わせた方が良い。」と思えるようになれば、目を合わせることの抵抗が少なくなりますので、その後、実際に他人と目を合わせる経験を積んでいくことで、苦手意識が薄れていきます。

その為には、価値観を変えていくことが必要ですので、下記リンクの記事を参考に実践してみてください。

★「目を合わせるのが苦手」克服方法

目は合わせた方が良いという価値観に変え、目を合わせる経験を積んでいくこと

「目を合わせるのが苦手」解決方法

目を合わせるのが苦手の解決方法とは、「必ず目を合わせる必要はないので、別に目を合わせなくてもいいと理解し納得すること」となります。

そもそも、多くの人が、目を合わせて話ができているわけではありません。

むしろ、目を見て話せない人もたくさんいますし、目を見ていなくても会話が成り立っていればそれでいいと思います。

もしも、相手が「目を合わせないなんて失礼だ!」という考え方だった場合には、「それはあなたの考え方であって、自分は別にそう思わない。」と思えればそれでいいのです。

何より、目を合わせることが絶対の正しさではないのです。

「目を合わせないのはダメだ!」といった価値観の押し付けが多い人こそ、「目を合わせるのが苦手な人との共存を認められないのもダメなこと」に気付いて欲しいですね。

ただし、仕事上のお客様が目を合わせないことで気分を害してしまう人だった場合には、大きな問題となってしまいますので、自分の仕事上の立場を守るためにも、ある程度臨機応変に従っていくことも大切なことかと思います。

★「目を合わせるのが苦手」解決方法

必ず目を合わせる必要はないので、別に目を合わせなくてもいいと理解し納得すること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「目を合わせるのが苦手」原因

人それぞれ様々な理由があり、目を合わせることが嫌だと思っていること

★「目を合わせるのが苦手」克服方法

目は合わせた方が良いという価値観に変え、目を合わせる経験を積んでいくこと

★「目を合わせるのが苦手」解決方法

必ず目を合わせる必要はないので、別に目を合わせなくてもいいと理解し納得すること

目を合わせるのが苦手でも、悪気があるわけではないので、それを理解してくれる人が増えていけば、もっと一人一人が過ごしやすい社会になっていくのかと思います。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました