「群れるのが苦手」原因・克服方法・解決方法

「群れるのが苦手」原因・克服方法・解決方法日常生活
この記事は約4分で読めます。

「群れるのが苦手だ。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「群れるのが苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「群れるのが苦手」原因

群れるのが苦手なのは、群れるのが嫌だと思っていることが、原因だと考えられます。

群れることを良いと思えるかどうかについては、人それぞれ異なります。

主な群れるのが嫌な理由としては、「群れている人=一人で行動できない人だと思うから群れるのが嫌だ」「群れると自由に行動できない窮屈さが嫌だ」「実際に群れ始めると集まりが多いのが嫌だし、集まろうと誘われた時に断って敵扱いされ始めるのも嫌だ」というようなものがあります。

群れることが苦手だから群れない人もいれば、群れることが苦手なのに群れている人もいますよね。

群れるのが苦手なのに群れている方も、本当は群れるのは嫌だけど、仲間外れにされたくないから群れなきゃダメだと思っているのだと思います。

なんとなく群れの中にいても、「一人の方が気楽で、群れるのは面倒くさいことが多いから嫌いだけど、仲間外れにされたくないから、とりあえず群れている。」という気持ちの人は多いのだと思います。

だからこそ、結局様々な理由はあったとしても、群れるのが苦手の原因は、「群れるのが嫌だと思っていること」となるのです。

★「群れるのが苦手」原因

群れるのが嫌だと思っていること

「群れるのが苦手」克服方法

群れるのが苦手の克服方法とは、「群れることを良いことだと思えるならば、群れを動かす存在になっていくこと」となります。

群れについていくから、自分のやりたいことができなくて、ストレスが溜まるのです。

群れを動かす存在ならば、自分のやりたいことを群れの中でできるようになりますので、ストレスが減り、むしろ楽しいと思えるようになります。

だからこそ、群れを動かす存在になることで、群れるのが楽しいと思えるようになり、結果的に克服することができるのです。

しかし、この克服方法の条件として「群れることを良いことだと思える」がありますので、群れることのメリットを見て、心の底から自分でそう思えるようにならなければ、克服することはできませんので、注意が必要です。

群れることのメリット
  • 信頼できる仲間がいる安心感を得られる
  • 一人ではできない面白いことができて楽しい
  • 一人だとつまらないと思う時間が減る など

★「群れるのが苦手」克服方法

群れることを良いことだと思えるならば、群れを動かす存在になっていくこと

「群れるのが苦手」解決方法

群れるのが苦手の解決方法とは、「必要最低限の群れに属して、無理に群れないこと」となります。

生きていく上で孤立し過ぎることは、あまりいいことがありませんので、必要最低限の群れに属すことが大切です。

ここでいう必要最低限の群れというのは、自分と同じ群れるのが苦手な人との数人の群れをいいます。

そうすることで、お互い気楽に付き合える関係なので、群れのストレスも微々たるものになります。

冷静に考えてみると、無理に群れる必要がない世界ですので、実際に周りの人を見てみても、意外と群れていない人も多いです。

人間のストレスは対人関係から生じるものが多いので、ストレスが多いこの世界で無理に人と関わることは、自分を苦しめることにも繋がってしまいかねません。

もちろん、人と関わるからこそ、一人では得られない貴重な経験もできますので、どちらが良いとは言えませんが、群れで過ごす自分と一人で過ごす自分のバランスは、十分気にかけて調整していくことが重要なのです。

★「群れるのが苦手」解決方法

必要最低限の群れに属して、無理に群れないこと

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「群れるのが苦手」原因

群れるのが嫌だと思っていること

★「群れるのが苦手」克服方法

群れることを良いことだと思えるならば、群れを動かす存在になっていくこと

★「群れるのが苦手」解決方法

必要最低限の群れに属して、無理に群れないこと

自分にとって「克服」と「解決」のどちらがいいのかは、しっかりと考えた上で選択していくことが大切です。

ボン太
ボン太

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました