「人に合わせるのが苦手」原因・克服方法・解決方法

この記事は約4分で読めます。

「人に合わせるのが苦手だ。。。」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、「人に合わせるのが苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「人に合わせるのが苦手」原因

人に合わせるのが苦手なのは、なぜでしょうか。

人に合わせることに抵抗があるからこそ、苦手だと思ってしまうのです。

その抵抗というのが何なのかと考えると、「人に合わせるというのは、自分らしくない。」「人に合わせたりせず、他人より優れた違うことをしていたい。」「人に合わせるために、わざわざ周りを見て行動するのが嫌い。」「人に合わせずに自分の意見をしっかりと発言すべきだ!発言しなきゃ皆困るし。」といった、「人に合わせるのは、自分にとっていいことじゃない!」と思う不満が抵抗になるのです。

ですので、人に合わせるのが苦手の原因とは、「人に合わせるのが、自分にとっていいことではないと思っていること」となります。

★「人に合わせるのが苦手」原因

人に合わせるのが、自分にとっていいことではないと思っていること

スポンサーリンク

「人に合わせるのが苦手」克服方法

人に合わせるのが苦手の克服方法とは、「人に合わせることのメリットを理解し納得して、人に合わせることもできるようになっていくこと」となります。

「人に合わせることにもいいことはあるんだよ!」と自分で言えるくらいになっていきましょう。

その為には、人に合わせることのメリットを理解し納得することが重要ですので、主なメリットを下記します。

人に合わせることのメリット
  • コミュニケーションを円滑にできる(ただし、個々の意見や行動が求められる場面においてはNG)
  • 集団生活で無難な行動がとれるため、敵を作りにくい
  • 自分が合わせた相手に喜んでもらえることが多い など

人に合わせることというのも物事をスムーズに進めたり、自分に対する敵を作りにくくするといった大きなメリットがありますので、悪いことばかりではないと思うことが大切です。

そうやって、自分の中にある「人に合わせてもいいことはないから、人に合わせたくない」という価値観を、「時には人に合わせることもアリ」という価値観に変えていければいいのかと思います。

少しずつでも自分の中の価値観を変えていければ、人に合わせるのが苦手だと思うことも無くなっていきます。

価値観を変えることの詳しい内容については、下記リンクの記事に記載してありますので、ぜひご覧ください。

★「人に合わせるのが苦手」克服方法

人に合わせることのメリットを理解し納得して、人に合わせることもできるようになっていくこと

「人に合わせるのが苦手」解決方法

人に合わせるのが苦手の解決方法とは、「人に合わせるのが苦手のままでいいことを理解し納得して、集団生活で困らない程度の人に合わせる技術を身につけること」となります。

無理に人に合わせる必要はありませんし、人に合わせるのが苦手な方はたくさんいます。

人に合わせないからこそ、他人には無い自分の色を追求し発信していくことができるので、新しい物を創り出せる芸術家のような一握りの人になれるのです。

だからこそ、「人に合わせるのが苦手。。」それでもいいのです。

ただし、集団生活では、人に合わせない行動ばかりとっていると、協調性のない人だと思われて、仲間外れにされたり、嫌われてしまったりすることも多いので、自分が困らない程度の人に合わせる行動をとる必要があると思います。

人に合わせたり、合わせなかったりを場面ごとに使い分けることで、悩むことの少ない気持ちのいい生き方に繋がっていくのです。

★「人に合わせるのが苦手」解決方法

人に合わせるのが苦手のままでいいことを理解し納得して、集団生活で困らない程度の人に合わせる技術を身につけること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「人に合わせるのが苦手」原因

人に合わせるのが、自分にとっていいことではないと思っていること

★「人に合わせるのが苦手」克服方法

人に合わせることのメリットを理解し納得して、人に合わせることもできるようになっていくこと

★「人に合わせるのが苦手」解決方法

人に合わせるのが苦手のままでもいいことを理解し納得して、集団生活で困らない程度の人に合わせる技術を身につけること

生きていく上で、時には他人に合わせることも大切であり、他人に合わせないことも大切なのです。

自分が思う切り替えのタイミングを見つけていくことが、より良い人生を送る方法の一つなのかと思います。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました