「弱みを見せるのが苦手」原因・克服方法・解決方法

この記事は約4分で読めます。

「弱みを見せるのが苦手だ。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「弱みを見せるのが苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「弱みを見せるのが苦手」原因

弱みを見せるのが苦手なのは、なぜでしょうか。

「実はものすごく涙もろいけど、そんな弱みを他人に知られたくない。」というような自分の中にある弱みを見せることで、どのような嫌なことが生じると思っているのかを考えてみますと、下記のようなものが挙げられます。

弱みを見せることで生じると思っている嫌なこと
  • 自分の弱みを他人からバカにされる
  • 弱みに付け込んで嫌がらせをされる
  • 弱みのある弱い人間だと思われる
  • 弱みを見せる行為が恥ずかしい など

上記より、弱みを見せるのが苦手な人は、「自分の弱みを見せることでバカにされたり、弱みに付け込んで嫌がらせされたり、弱みのある人間だと思われたりするのが嫌」ということがわかりました。

たしかに、弱みをいじってくる人は、どんなところでも必ず一定数いると思います。

弱みを握られてしまうと、自分は不利になることも多くて、嫌な仕打ちを受けてしまうこともあるでしょう。

その反面、「自分は、信頼しているあなただから、弱みを見せられるんだ。」というように、弱みを見せることで友情や愛情などの絆が深まることも多く、自分の弱みを知ってもらい、それでも受け入れてくれる人が欲しいと思う気持ちは、誰しも持っている承認欲求だと思います。

やはり、信頼できる人には弱みを見せたいけど、弱みを見せることで生じる嫌なこともあるため、信頼できる人とはいえ、弱みを見せることをためらってしまうのでしょう。

自分がいくら相手を信頼していても、期待を裏切られることもあるでしょう。

よって、弱みを見せるのが苦手な原因とは、「弱みを見せる度胸がないこと」となるのです。

★「弱みを見せるのが苦手」原因

弱みを見せる度胸がないこと

スポンサーリンク

「弱みを見せるのが苦手」克服方法

弱みを見せるのが苦手の克服方法とは、「弱みを見せる経験を積み、度胸をつけること」となります。

結局、「弱みを見せる ⇒ 受け入れてもらえる or バカにされる」であり、結果は相手の判断しだいとなりますので、まさにプロポーズするのと同じで、それまでの自分の頑張りしだいで受け入れてもらえる可能性を上げることはできますが、絶対にバカにされない保証はありませんので、ギャンブルみたいなものなのです。

だからこそ、弱みを見せるのが苦手を克服するためには、「バカにされるかもしれないけど、受け入れてもらえるかもしれない」と緊張しながらも、他人に弱みを見せる経験を積み、度胸をつけていくことが必要なのです。

プロポーズは、緊張します。

ほぼ間違いなく成功すると思っていても、緊張します。

弱みを見せるのも同じことだと思いますので、とにかく度胸をつけていくことが重要であり、克服までは長い道のりかもしれませんが、たまに訪れる「弱みを見せようと思うタイミング」で勇気を出して挑戦していくことが大切なのです。

★「弱みを見せるのが苦手」克服方法

弱みを見せる経験を積み、度胸をつけること

「弱みを見せるのが苦手」解決方法

弱みを見せるのが苦手の解決方法とは、「弱みを見せないようにすること」となります。

どうしても弱みを見せるのが嫌だと思うならば、弱みを見せないようにしましょう。

そもそも、他人に自分の弱みを見せなければならないわけではありませんし、誰でも隠しながら生きていますので、無理に取り組むべき行動ではないのです。

でも、もしも、信頼のおける人に「弱みを見せたい!」という気持ちが強くなってきた時は、克服できるチャンスですので、克服方法を試してみるのがいいでしょう。

★「弱みを見せるのが苦手」解決方法

弱みを見せないようにすること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「弱みを見せるのが苦手」原因

弱みを見せる度胸がないこと

★「弱みを見せるのが苦手」克服方法

弱みを見せる経験を積み、度胸をつけること

★「弱みを見せるのが苦手」解決方法

弱みを見せないようにすること

弱みを見せられる人というのは、すごく勇気や度胸のある人だと思います。

ただ、世の中には、その弱みに付け込む人もいますので、十分注意しなければなりません。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました