「雑談が苦手」原因・克服方法・解決方法

「雑談が苦手」 原因・克服方法・解決方法(1)日常生活
この記事は約4分で読めます。

「雑談が苦手。。何を話したらいいのかわからない。。できれば避けたい。。」と悩まれている方も多いですよね。

本記事では、「雑談が苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「雑談が苦手」原因

雑談が苦手なのは、なぜでしょうか。

「雑談が苦手であり、雑談以外の会話はそれほど苦手ではない」ということで考えていくと、雑談という会話の特徴が関係してくるのだと思います。

雑談の主な特徴として、「着地点の定まっていない雑な会話」があります。

おそらく、この特徴があるからこそ、目的の明確な会話と違って、「何を話したらいいのかわからない。」と困ってしまうのでしょう。

さらに、何を話したらいいのかわからないと困ってしまうので、雑談を避けてしまいがちなのではないでしょうか。

雑談をたくさん経験した人は、雑談の技術が高くなりますが、雑談の経験が少ない人は、雑談の技術が高まりにくいです。

何事も、ある程度の経験が必要だということです。

よって、雑談が苦手の原因とは、「着地点の定まっていない雑な会話だから、何を話したらいいのかわからないと避けてしまいがちになり、雑談の経験値が少ないこと」となります。

★「雑談が苦手」原因

着地点の定まっていない雑な会話だから、何を話したらいいのかわからないと避けてしまいがちになり、雑談の経験値が少ないこと

「雑談が苦手」克服方法

雑談が苦手の克服方法は、「雑談の着地点は自由に決めていいので、自分の雑談用会話ネタを準備し、話しやすい相手から順に雑談を行い、雑談の経験を増やしていくこと」となります。

雑談が苦手な人は、雑談という会話の経験値が少ないことが原因なので、最初は話しやすい相手から順に練習していきましょう。

雑談には雑談の技術が必要ですので、「雑談なんて練習必要ないでしょ。」と思い込まずに、少しずつでいいので経験を積んでいきましょう。

雑談に明確な着地点はありませんので、自分と相手が有意義な時間を過ごせるように、雑談用会話ネタを準備しておくことが大切です。

もし、雑談用会話ネタがなければ、話す話題が無くて焦ってしまいますので、常に準備しておくことが重要です。

雑談用会話ネタについては、できるだけ広いジャンルを準備できていれば、相手に合わせて的確に提供することができます。

日頃の情報収集作業という努力は、雑談には欠かせない要素の一つだと思います。

雑談用会話ネタが準備できれば、話しやすい相手と雑談をしてみてください。

少しずつ経験を積んでいくことで、雑談の苦手意識が薄れていきますので、上手くいかずに失敗することもあるかと思いますが、諦めずに挑戦してみてください。

★「雑談が苦手」克服方法

雑談の着地点は自由に決めていいので、自分の雑談用会話ネタを準備し、話しやすい相手から順に雑談を行い、雑談の経験を増やしていくこと

「雑談が苦手」解決方法

雑談が苦手の解決方法とは、「雑談の少ない生き方に変えること」となります。

どうしても克服できそうにない場合は、この解決方法を選ぶのも一つだと思います。

例えば、職場が雑談の多い環境で、どうしても我慢できそうにないのであれば、雑談の少ない職場に異動や転職することで、雑談の少ない生き方に変えることができるでしょう。

学生の場合だと、なかなか環境を変えることは難しいのですが、それでも可能な限り雑談の少ない環境を見つけていくことがいいと思いますが、単純に雑談の経験が少ないだけの可能性も高いので、やはり少しずつでもいいので克服していくことをおすすめします。

学生は、社会人のように自由ではないので、集団生活をより良く過ごせるように、できれば克服に挑戦してみた方がいいのかと思います。

ただし、無理に頑張ろうとして悩み過ぎてしまうのであれば、克服することをやめて、家族に相談してみることが大切です。

★「雑談が苦手」解決方法

雑談の少ない生き方に変えること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「雑談が苦手」原因

着地点の定まっていない雑な会話だから、何を話したらいいのかわからないと避けてしまいがちになり、雑談の経験値が少ないこと

★「雑談が苦手」克服方法

雑談の着地点は自由に決めていいので、自分の雑談用会話ネタを準備し、話しやすい相手から順に雑談を行い、雑談の経験を増やしていくこと

★「雑談が苦手」解決方法

雑談の少ない生き方に変えること

会話が上手な人は、それだけ多くの経験をしてきているから会話が上手なのです。

苦手意識をなくすためには、地道に少しずつでも経験を積んでいくことが、とても重要なことなのです。

ボン太
ボン太

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました