「沈黙が苦手」原因・克服方法・解決方法

「沈黙が苦手」原因・克服方法・解決方法日常生活
この記事は約4分で読めます。

「沈黙が苦手だ。。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「沈黙が苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「沈黙が苦手」原因

沈黙が苦手なのは、なぜでしょうか。

まずは、いざ沈黙になった時に、何を考えているのかを挙げていきますと、下記のようなものがあると思います。

沈黙が苦手な人が、沈黙の時に考えていること
  • 何か話した方がいいと思うけど、何を話したらいいだろうか
  • お互い喋らないのは気まずい
  • 一人でいるわけではないのに、会話のない空間になっているのが気持ち悪い
  • 相手も沈黙が嫌なはずだから、どうにか沈黙を破らないといけない など

上記のようなことを考えていると思います。

これを見てわかることは、沈黙が苦手な人の中で、「沈黙だと、自分も相手も気まずい、会話のある状態が安心」といった思いから、「沈黙は、悪いもの」という考え方になっていることです。

沈黙は悪いものだと思っていることで、いざ沈黙になった時に、どうにかしなくてはならないと焦ってしまって、「沈黙は嫌いだ。。」と苦手意識を持ってしまうのです。

よって、沈黙が苦手の原因とは、「沈黙は悪いものだと思っていること」となります。

★「沈黙が苦手」原因

沈黙は悪いものだと思っていること

「沈黙が苦手」克服方法

沈黙が苦手の克服方法とは、「沈黙にも良い点があることを知り、沈黙でも問題ないと思えるようになること」となります。

沈黙にも良い点がありますので、それを知って「沈黙も悪いことばかりじゃないんだな!」と思えるようになれば、沈黙を苦手だと思わなくなっていきます。

主な沈黙の良い点を下記します。

主な沈黙の良い点
  • 会話をしなくていいから楽に過ごせる
  • 自分の好きなことをする時間にあてられる
  • 静かだから落ち着くことができる など

上記のように、沈黙にも良い点があるので、世の中には「沈黙は良いもの」だと思っている人もたくさんいます。

このような沈黙の良い点を自分が受け入れることができれば、いざ沈黙になっても「さて、ちょっと休憩するかな。」と思ったり、相手が沈黙で気まずそうな時には「ちょっと休憩ですかね。」と声を掛けてあげて、無理に会話をしなくてもいいんだよと表現してあげることもできるようになります。

だからこそ、何が何でも会話が必須だと思い込まずに、会話のない「沈黙」を楽しめるようになるために、沈黙の良い点を認識することが大切なのです。

★「沈黙が苦手」克服方法

沈黙にも良い点があることを知り、沈黙でも問題ないと思えるようになること

「沈黙が苦手」解決方法

沈黙が苦手の解決方法とは、「沈黙になったら、その場を離れること」となります。

沈黙が苦手なのに、無理にその場に留まる必要はありません。

もちろん、離れてはならない時には、我慢をしなくてはなりませんが、可能な限り沈黙の環境を避けていきましょう。

沈黙が起きる条件として、「沈黙を望む人が多いこと」が考えられます。

例えば、研修の休憩時間に、会場内は静かなのに、外に出てみると会話している人が多く、騒々しいことがありますよね。

それは、沈黙を望む人が会場内に多くいて、沈黙を望まない人が気を遣って会場外に出ているからなのです。

もしも、沈黙を望む人がいるのに、沈黙を破ることばかりしてしまうと煙たがられることにもなるでしょう。

だからこそ、沈黙を望む人がいる環境を離れることができれば、沈黙を望まない人とも出会える可能性が高く、そこには沈黙の無い空間があるため、沈黙が苦手な人でも比較的楽に過ごすことができるようになるのです。

ただ、克服ができるようであれば、そちらの方が楽に過ごせるようになるので、いい方法なのかと思います。

★「沈黙が苦手」解決方法

沈黙になったら、その場を離れること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「沈黙が苦手」原因

沈黙は悪いものだと思っていること

★「沈黙が苦手」克服方法

沈黙にも良い点があることを知り、沈黙でも問題ないと思えるようになること

★「沈黙が苦手」解決方法

沈黙になったら、その場を離れること

沈黙が好きな人もいれば、嫌いな人もいます。

お互いの立場を理解して行動できれば、ストレスもトラブルも少なくできるのかと思います。

ボン太
ボン太

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました