「口が悪い人が苦手」原因・克服方法・解決方法

この記事は約5分で読めます。

「口が悪い人が苦手だ。。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「口が悪い人が苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「口が悪い人が苦手」原因

口が悪い人が苦手なのは、なぜでしょうか。

はじめに、口が悪い人というと、「お前はバカだな。」といった悪口や、「(一生懸命頑張っている人を見て、笑いながら)すごい必死だね。」といった悪口のような発言をする人をいいます。

そんな口が悪い人の何が苦手なのかを考えてみると、下記のようなものがあると思います。

口が悪い人に対して苦手だと思うこと
  • 他人を傷つけるような発言をしているのが気分悪い
  • 口が悪い人の発言に自分も同意しないといけない場合があること

このように、悪口や悪口のような発言を聞いていて気分が悪くなることと、それを「お前もそう思うだろ?」と自分にも同意を求めてくることがあり、自分は同意したくないけど、相手の圧力に負けて同意しないといけない状況になるのが、嫌だと感じるのでしょう。

それは、「自分は悪口や悪口のような発言が嫌いだし、そんなことばかり言ってると周りの人に嫌われしまうから、口が悪い人にはなりたくない!」と思っているため、口が悪い人を受け入れられなくなっているのです。

だからこそ、口が悪い人が苦手な原因とは、悪口や悪口のような発言が嫌いで、口が悪い人を人から嫌われる存在だと認識していて、自分は口が悪い人になりたくないと思っていること」となるのです。

★「口が悪い人が苦手」原因

悪口や悪口のような発言が嫌いで、口が悪い人を人から嫌われる存在だと認識していて、自分は口が悪い人になりたくないと思っていること

スポンサーリンク

「口が悪い人が苦手」克服方法

口が悪い人が苦手の克服方法とは、「口が悪い人の存在を認めること」となります。

口が悪い人を受け入れない考え方のままだと、口が悪い人をやっつけることしか考えられないので、相手の考え方を認められない自己中心的な人になってしまいます。

相手にも相手の考え方があり、それを奪ってしまおうというのは、とても乱暴な考え方ですので、おすすめしません。

そもそも、口が悪いからといって、人から嫌われる存在ではなく、好かれる存在になる場合もあります。

例えば、お笑い芸人ように、多少口が悪い人でも、上手く他人をいじることができたとしたら、人から好かれることは大いにありますし、そうやって人気を獲得している人も大勢います。

また、口が悪い人は、口が悪い人を好きになることも多いでしょう。

口が悪い人の存在を認めるといっても、単純に悪口を言いたいから言っているような人の場合は、なかなか受け入れることが難しいかもしれません。

ただ、口が悪い人がいたからこそ、「自分は他人を傷つけるような発言をしないようにしよう!」と思えたのでしょうし、口が悪い人がいたからこそ、自分の未熟な部分を気付かせて貰えたこともあるのではないかと思います。

ズバッと思ったことを言ってくれる人、そういう大胆な性格の人も、自分の成長には必要な存在なのです。

相手の気がかりな点について、言わないことが優しさなのか、言うことが優しさなのか、どちらが良いとは言えませんが、私はどちらも優しさなのかと思います。

だからこそ、口が悪い人を毛嫌いするのではなく、「世の中には、口が悪い人もいる」と認めることができれば、少しずつ口が悪い人に対する苦手意識も薄れていくのです。

★「口が悪い人が苦手」克服方法

口が悪い人の存在を認めること

「口が悪い人が苦手」解決方法

口が悪い人が苦手の解決方法とは、「口が悪い人とはできるだけ関わらないようにし、どうしても関わる必要がある時には、相手をかわいそうな人だと思いながら、波風立てないように対応すること」となります。

この解決方法は、口が悪い人を刺激してしまう可能性もあるので、どうしても克服できない時に試してみるのがいいと思います。

やはり、口が悪い人は、他人に対して害のある発言をしてきますので、自分にとってもそういった害のある発言をする可能性があります。

そういった発言を受けて、悩み過ぎてしまうようであれば、可能な限り相手と関わらないようにしましょう。

もしも、関わる必要がある時には、「この人は、こういう言い方しかできないんだろうな。かわいそうな人だな。」と哀れみの感情で接してあげましょう。

「そんなひどいことできない。」と思ってしまう優しい方もいるかと思いますが、それでも絶対に自分を大切にしてください。

そう思われてもおかしくない程の被害を受けているので、気にしなくてもいいですし、もしも自分が悩み過ぎておかしくなってしまったら、自分を大事に思っている家族も友達も皆が悲しむことでしょう。

苦手な人とは、無理に関わらないようにしていくことも、生きていく上で大切な選択なのです。

★「口が悪い人が苦手」解決方法

口が悪い人とはできるだけ関わらないようにし、どうしても関わる必要がある時には、相手をかわいそうな人だと思いながら、波風立てないように対応すること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「口が悪い人が苦手」原因

悪口や悪口のような発言が嫌いで、口が悪い人を人から嫌われる存在だと認識していて、自分は口が悪い人になりたくないと思っていること

★「口が悪い人が苦手」克服方法

口が悪い人の存在を認めること

★「口が悪い人が苦手」解決方法

口が悪い人とはできるだけ関わらないようにし、どうしても関わる必要がある時には、相手をかわいそうな人だと思いながら、波風立てないように対応すること

口が悪い人は、誰もが言いづらい相手に気付いて欲しいことを、周りを気にせず言ってくれる優しい人だったりします。

本当に興味がなかったら、相手に思うことをわざわざ言いません。

少し厳しい表現になってでも気づいて欲しいことを教えてくれる、自分にとって大切な存在なのかもしれません。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました