「臨機応変が苦手」原因・克服方法・解決方法

「臨機応変が苦手」原因・克服方法・解決方法日常生活
この記事は約5分で読めます。

「臨機応変が苦手だ。。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「臨機応変が苦手」原因・克服方法・解決方法についてご紹介しています。

スポンサーリンク

「臨機応変が苦手」原因

臨機応変が苦手なのは、なぜでしょうか。

臨機応変な対応というのは、予想外の事態が起きた時に、状況に合わせて上手く対応することだと思いますので、得意な人と苦手な人とでは何が違うのかを考えてみることで、原因が見えてくると思います。

臨機応変が得意な人の考え方
  • 予定外のことが起きた時には、まずは冷静になり、現状の問題点を打破することを本気で考えて、自分の役割を果たせるように行動しよう
  • 何事も予定外のことが起きることもあるので、それを乗り越えていける力を身につけたい
臨機応変が苦手な人の考え方
  • 予定外のことが起きた時には、まずは冷静になり、現状の問題点を打破することを本気で考えて、自分の役割を果たせるように行動したいけど、自分にできるか自信がない
  • 何事も予定外のことが起きることもあるので、それを乗り越えていける力を身につけたいけど、自信がない

おそらく、臨機応変な対応をする時には、「落ち着く⇒本気で考える⇒対策を打つ」といった基本的な手順は、得意な人も苦手な人も理解しているのだと思いますが、それを成し遂げるための気持ちの強さが異なる点だと言えます。

「できる!というか、やらなければならん!」と、「できるかな。。もしまた失敗したら、どうしよう。。やりたくないな。。。」とでは、実際の行動が異なってきます。

自信がない人は、今考えるべきことよりも、不安や心配などのネガティブなことの方が頭に浮かんでしまうので、大事な時に焦り過ぎて少しの実力しか発揮できません。

だからこそ、臨機応変が苦手だと思うのです。

よって、臨機応変が苦手の原因とは、「臨機応変な対応が必要な時に、それを成し遂げるための気持ちが弱いこと」となります。

★「臨機応変が苦手」原因

臨機応変な対応が必要な時に、それを成し遂げるための気持ちが弱いこと

「臨機応変が苦手」克服方法

臨機応変が苦手の克服方法とは、「必ずしっかりとリスクの洗い出しと対策を行い、もし予定外の事態になっても成し遂げていく経験を積んで自信をつけていくこと」となります。

リスクの洗い出しと対策を行っていれば、焦ることも少なくなります。

例えば、帰宅しようと思った時に、天気予報では曇りだったのに、予定外の雨が降ってきた場合には、極端に焦ったりしませんよね。

それは、「予定外だけど、少し待って止まないなら、近くのお店で傘を買って帰ろう」というリスク対策ができているからなのです。

ですので、どんなリスクが潜んでいるのかを洗い出して、そのリスク一つ一つに対策を行っていけば、臨機応変な対応が落ち着いてできるようになるのです。

それでも、予定外の事態になったとしたら、経験を積むチャンスだと前向きに捉えて、その瞬間に本気で取り組んで成功体験を得て、自信をつけていきましょう。

★「臨機応変が苦手」克服方法

必ずしっかりとリスクの洗い出しと対策を行い、もし予定外の事態になっても成し遂げていく経験を積んで自信をつけていくこと

「臨機応変が苦手」解決方法

臨機応変が苦手の解決方法とは、「臨機応変な対応の少ない生き方に変えていくこと」となります。

臨機応変が苦手だと思う人は、世の中にはたくさんいますし、得意な人の方が少数派だと思います。

それに、日常的に臨機応変な対応が多い人もいれば、少ない人もいますので、もしかすると、臨機応変が苦手だと悩む方は、臨機応変な対応が多い環境にいるのかもしれません

臨機応変が苦手でも、日常的に臨機応変な対応が少ない人は、苦手だと悩むことはありません。

私もドーナツが苦手ですが、家族もそれをわかっているため、10年以上直接見たことがなくて悩みもしませんが、もしも、ドーナツ屋さんで働かなければならない状態なら、ずっと悩んでいることでしょう。

無理に臨機応変な対応が多い環境に身を置かず、自分が伸び伸びと過ごすことができる環境を見つけることも、人生を有意義に過ごすためには、とても大切なことなのです。

★「臨機応変が苦手」解決方法

臨機応変な対応の少ない生き方に変えていくこと

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「臨機応変が苦手」原因

臨機応変な対応が必要な時に、それを成し遂げるための気持ちが弱いこと

★「臨機応変が苦手」克服方法

必ずしっかりとリスクの洗い出しと対策を行い、もし予定外の事態になっても成し遂げていく経験を積んで自信をつけていくこと

★「臨機応変が苦手」解決方法

臨機応変な対応の少ない生き方に変えていくこと

私も仕事をしていて、臨機応変が苦手なのに「まぁ、臨機応変に頼む。」と言われると、「なんでわざわざハラハラしながらやらないといけないの!?もう少し教えてよ!」と悩んでいました。

相手は、それほど大きな失敗には繋がらないとわかっているからこそ、そういう言い方で頼んでいるのだと思いますが、未経験の人からすると、とても不安ですし、「この人は、教え方が雑だな。」と思ってしまいますよね。

「臨機応変」という発言をすることで、もしかすると自分への信頼度が下がってしまうこともありますので、特に部下を持つ方は注意していきましょう。

ボン太
ボン太

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました