苦手克服が難しい。「解決」を選ぼう!

苦手克服が難しい。 「解決」を選ぼう!日常生活
この記事は約4分で読めます。

「苦手を克服したいけど、なかなか克服できない。。辛すぎる。。。」と悩んでいませんか。

苦手を克服するのは、もちろん大切なことですが、「苦手があるという悩み」だけだったのが、「苦手を克服できないという悩み」も増えてしまうので、とても辛くなってしまいますよね。

本記事では、「苦手」を克服するためには ~基本的な苦手克服方法~「苦手」克服の難しさ ~苦手意識をなくすのは大変~苦手は「克服」より「解決」が現実的な対策であることが多いについて、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「苦手」を克服するためには ~基本的な苦手克服方法~

基本的な苦手の克服方法は、とにかく成功体験を得ることです。

「苦手だと思っていたけど、大丈夫だった。」と思えるのがゴールですので、苦手なものを詳しく知って、苦手だと思う理由を明確にして、具体的な対策案を打ち出し、とにかく実行するのみなのです。

苦手克服は、基本的に気合いと根性で成り立つため、多少辛くても続ける必要があります。

もちろん、苦手な度合いによっても、克服の難易度は異なります。

「苦手なものを詳しく知ったら、全然大したことないってわかったから、苦手じゃなくなった。」という簡単なものもあります。

「苦手なものを詳しく知って、苦手だと思う理由がわかって、具体的な対策案を打ち出して、実行してみても、全然克服できない。。。」という難しいものもあります。

もしも、上手く克服できない時には、はじめからやり直してみることで、重要な要素が抜けていたことに気付くこともあります。

また、自分の苦手なものを苦手ではない人と会話することも、その人と自分で何が違うのかが見えてくるので、やってみるといいでしょう。

苦手克服は容易なことではありませんので、やるからには諦めずに努力し続けなければなりませんが、もしも克服できた時には、最高に幸せな気持ちになりますので、やってみる価値はあると思います。

「苦手」克服の難しさ ~苦手意識をなくすのは大変~

苦手を克服するというのは、苦手じゃない状態にするのが目的であり、そのためには、苦手意識をなくしていかなければなりません。

例えば、「歌が苦手」の場合には、とにかく歌の練習を行い、自分が納得できるだけの歌唱力を身につけなければなりません。

苦手なことを行う時には、自分の中で大きな抵抗が生じます。

ですので、「苦手なことをやる」というのは簡単にはできず、もしも気合いで行動できたとしても、苦手意識があって上手くいかなかった場合には、諦めたい気持ちでいっぱいになってしまうことが多いです。

だからこそ、苦手を克服するためには、苦手を克服するための強い気持ちと根性が必要になってくるのであり、苦手を克服するのは容易なことではないのです。

苦手は「克服」より「解決」が現実的な対策であることが多い

苦手なことを苦手じゃない状態にする「克服」よりも、苦手なことを苦手な状態のままで楽にする「解決」が現実的な対策となることが多いです。

上の項目「苦手克服の難しさ」で説明した通り、苦手克服は難しいので途中で諦めてしまいがちですが、「苦手を解決する」という考え方を用いることで、なかなか克服できない苦手についても、自分が思う良い状態へ変えていくことができるのです。

例えば、「ヘビが苦手」を克服するためには、ヘビのことをよく知り、触れ合ったりすることで、苦手意識をなくすことができます。

一方、「ヘビが苦手」を解決するためには、「そもそもヘビと触れ合わないといけない世界ではないので、ヘビが苦手でも良い」という考え方に変えられれば、ヘビが苦手を気にしなくても大丈夫だと思えるようになれます。

もしも、仕方なくヘビを触らないといけないような仕事をしている場合なら、「そもそも無理に嫌いなヘビと毎日触れ合う仕事をしなくてもよいので、ちゃんと会社に相談したり、転職を考えたりすればよい」という解決方法があるのです。

苦手を解決することも、克服と同じ自分が楽に生きるための手段の一つなのです。

どうしても克服できない苦手に対して、諦めずに克服しようと試みるのも大切なことですが、もしも克服するのに貴重な人生を失い過ぎてしまったら、そもそもの苦手克服の目的である「苦手を克服してからの素晴らしい日々」がほんの少ししか送れなくなってしまいます。

苦手は、克服するのが一番良いと思いますが、克服できなかったり、克服に時間がかかり過ぎてしまったりすることが多いので、そういった時には、自分の人生を苦手克服だけに使わないように、苦手を解決するという選択も重要になるのです。

最後にひと言 ~苦手が全くない人は、そうそう滅多にいない~

苦手を無くそうとするのは、自分の人生を豊かにするために大切なことですが、苦手克服には多くの時間が必要ですので、「苦手をなくすのが自分の人生」になってしまわないように、注意しなければなりません。

苦手克服に人生を使うよりも、自分がやりたいことをするために人生を使った方がいいと思います。

どんな憧れの存在の人であっても、やはり苦手なものはありますし、そもそも苦手が全くない人は、滅多にいません。

苦手があることも、それはそれで人間らしいのかなと思います。

苦手がない完璧な人間もいいですが、苦手があっても前向きに生きている人間もいいのではないでしょうか。

ボン太
ボン太

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました