「努力が苦手」原因・克服方法・解決方法

「努力が苦手」原因・克服方法・解決方法日常生活
この記事は約4分で読めます。

「努力が苦手だな。。。」と悩んでいる方は多いですよね。

本記事では、「努力が苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「努力が苦手」原因

努力が苦手なのは、なぜでしょうか。

そもそも、どんなことでも努力が苦手なのかと言えば、そうではないのかと思います。

努力ができるもの

※通常、毎朝8時に起きている、早起きが苦手な人に対して

「1ヶ月間、毎朝5時に起きたら、100万円贈呈される」ならば、大変でも努力できる

努力ができないもの

※通常、毎朝8時に起きている、早起きが苦手な人に対して

「1ヶ月間、毎朝5時に起きたら、1000円贈呈される」ならば、大変だし努力できない

このように、自分が努力した結果、自分にとって素晴らしいものを得られると思えば、大変でも努力することができるのです。

よって、努力が苦手な原因とは、「努力の結果、自分にとって嬉しい成果を得られることに気付いていない、もしくは得られないと思っていること」となります。

★「努力が苦手」原因

努力の結果、自分にとって嬉しい成果を得られることに気付いていない、もしくは得られないと思っていること

「努力が苦手」克服方法

努力が苦手の克服方法とは、「努力の結果、得られるものを明確に理解し、自分がその成果を欲しいと心の底から思えるようになること」となります。

努力ができる自分になりたい方は、「努力しないといけないけど、努力ができない。。」と思っている事に対して、努力した結果、何を得られるのだろうかと考えて得られるものを明確にし、「その成果を得られたら、すごく嬉しいな!」と本気で思えようになれたら、努力が苦痛ではなくなっていきますし、努力したくてたまらなくなってしまいます。

また、「努力しなかったら、自分が望んでいない未来が待っている。」と、大きなリスクが見えてくる場合も、「そうならないように、望んでいる未来のために頑張らなきゃ!」と思えるようになれるので、成果物を明確にすることは大切なことなのです。

このような考え方をしてくことで、目的と行動の一貫性が生まれ、とことん欲しいもののために生きることができるようになっていけます。

ただ、どうしても自分が欲しいと思えない成果しか見えてこない場合には、残念ながら努力はできません。

結局、人は欲しいものの為なら頑張れますが、必要ないことの為だと頑張れないものなのです。

無理に自分で「努力したらいいことあるぞ。。」と強く思い込んだり、他者による洗脳を用いれば、努力できるようになれますが、元々の自分が欲しいものではありませんので、そこまでして努力する必要はないのかと思います。

★「努力が苦手」克服方法

努力の結果、得られるものを明確に理解し、自分がその成果を欲しいと心の底から思えるようになること

「努力が苦手」解決方法

努力が苦手の解決方法とは、「あまり努力しないでも問題ない生き方に変えていくこと」になります。

どうしても努力が苦手で克服ができそうにない場合は、努力しないでも問題ない生き方に変えていくこともアリかと思います。

努力というのは、自分が欲しいと思えるかどうかがポイントになりますし、そう思えたら勝手に努力してしまうものなのです。

だからこそ、よく考えてみれば、自然に努力ができていることも多いと思いますので、無理に「努力しなきゃ!」と意識せずに過ごしていけばよいのかと思います。

もしも、その生き方に変えてみた結果、「自分はもっとこうありたい!」「もっと仕事できるようになって、給料を上げたい!」などを思うようになったのであれば、努力していく生き方に変えていくのも、自分のペースで柔軟に人生を過ごす素敵な生き方なのかと思います。

★「努力が苦手」解決方法

あまり努力しないでも問題ない生き方に変えていくこと

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「努力が苦手」原因

努力の結果、自分にとって嬉しい成果を得られることに気付いていない、もしくは得られないと思っていること

★「努力が苦手」克服方法

努力の結果、得られるものを明確に理解し、自分がその成果を欲しいと心の底から思えるようになること

★「努力が苦手」解決方法

あまり努力しないでも問題ない生き方に変えていくこと

努力をすることは、自分が必要なことだと思えるかどうかが大事であり、他人から「努力しろ!」と言われても、なかなか努力することはできません。

もし、他人に努力を促す場合には、努力した結果で得られるものを提示し、相手がそれを欲しいと思えるようになれば、相手は努力をしたいと思えるようになるので、相手の立場になって考えてみると良いでしょう。

ボン太
ボン太

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

日常生活
スポンサーリンク
addninth blog
タイトルとURLをコピーしました