「電話が苦手」原因・克服方法・解決方法

この記事は約4分で読めます。

「対面の会話は問題ないけど、電話が苦手だ。。」と悩んでいる方もいますよね。

本記事では、「電話が苦手」原因・克服方法・解決方法について、ご紹介しています。

スポンサーリンク

「電話が苦手」原因

対面の会話は問題ないのに電話が苦手なのは、なぜでしょうか。

対面の会話と電話の会話の違いとは何かを考えていきます。

対面の会話
  • お互いの表情が分かり合える
  • ジェスチャーによる表現もできる
  • 臭いによる表現もできる
  • 音による表現もできる
  • 温度による表現もできる
  • 味による表現もできる
  • 触れてみて伝わる表現ができる
電話の会話
  • 声だけの表現しかできない

対面の会話は、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感全てを使い、お互い伝え合うことができますが、電話の会話の場合は、聴覚しか使えないことが大きな違いとなります。

電話では聴覚しか使えないので、一番大切な表情も伝わりにくいため、お互いの発言内容や口調で相手の感情を察して会話しなければならないのです。

だからこそ、電話でのトラブルも多く、「相手に勘違いさせてしまった。」と後悔する結果にも繋がってしまいがちなのです。

また、「電話をする」=「簡潔丁寧に伝えなければならない」といった考えを持つ方も多く、その中で緊張しがちな方は、電話が苦手だと感じることになるのです。

よって、電話が苦手な原因は「電話は聴覚しか使えないので、お互いの感情が分かりにくいことと、簡潔丁寧に伝えなければならないと焦り緊張してしまうこと」となります。

★「電話が苦手」原因

電話は聴覚しか使えないので、お互いの感情が分かりにくいことと、簡潔丁寧に伝えなければならないと焦り緊張してしまうこと

スポンサーリンク

「電話が苦手」克服方法

電話が苦手の克服方法は「話す内容をまとめてから電話することを習慣化し、多くの成功体験を得て自信をつけること」です。

そもそも、電話の練習をしたことがないのであれば、上手く話せなくても仕方ありませんよね。

対面で話すのと電話で話すのは違いますので、電話で話すなら、その為の技術を身につけなければならないのです。

電話で上手く話すための技術として、「電話で話す前に、電話で話す内容をまとめておくこと」がとても重要です。

話す内容については、相手が分かりやすいような文章を作成し、相手がどんなリアクションをとるかをシミュレーションしてみて、再度文章の見直しや、そのリアクションに合った返答パターンを準備しておきましょう。

特に仕事の電話の場合は、いきなり話したいことを話し始めては相手に失礼ですので、「はじめの挨拶・話したいことを話す・終わりの挨拶」のように、いつも同じような内容でも構いませんので、ひと言挨拶文を添えるようにしましょう。

最初のうちは、電話で話す内容をまとめる作業に時間がかかっても構いません。

慣れてくれば、どんどん短い時間でできるようになっていきます。

そして、電話をしてみて成功した経験が増えていけば、「電話がそれなりに上手く話せるようになってきたぞ!」と思えるようになり、苦手意識が薄れて自信がついていきますので、諦めずにチャレンジしてみてください。

★「電話が苦手」克服方法

話す内容をまとめてから電話することを習慣化し、多くの成功体験を得て自信をつけること

「電話が苦手」解決方法

電話が苦手の解決方法は「可能な限り電話をしないで過ごせる生き方に変えること」となります。

電話が苦手でも、最低限の電話による連絡ができるのであれば、電話をしないで過ごせる生き方に変えていくことで、電話が苦手だと悩むことが少なくなります。

基本的に緊急時以外は、電話を使わなくてもどうにかなる世界だと思います。

ですので、仕事を選ぶ際は、電話を使うかどうかをチェックしてから選んでいく必要があります。

「人混みが苦手だから田舎へ移住する」「虫が苦手だから寒い地方へ移住する」というように、誰にでも苦手なことはありますし、電話が苦手な人もたくさんいますので、無理に電話を使わなければならない生き方をする必要もありません。

克服できれば克服した方がいいのですが、思うように克服できずに、悩み過ぎてしまうのであれば、解決に変更していくことも、大切な判断なのかと思います。

★「電話が苦手」解決方法

可能な限り電話をしないで過ごせる生き方に変えること

まとめ

本記事で重要なポイントを下記します。

★「電話が苦手」原因

電話は聴覚しか使えないので、お互いの感情が分かりにくいことと、簡潔丁寧に伝えなければならないと焦り緊張してしまうこと

★「電話が苦手」克服方法

話す内容をまとめてから電話することを習慣化し、多くの成功体験を得て自信をつけること

★「電話が苦手」解決方法

可能な限り電話をしないで過ごせる生き方に変えること

単純に「電話くらいできて当たり前だ!」と思い込まずに、電話と対面では同じ条件ではないことをしっかりと理解することが重要なのです。

ぼんた
ぼんた

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本ブログでは、他にも様々な考え方を掲載していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました